もしかして臭い?乾燥や緊張で口臭が発生する理由とその対策法

写真拡大

口臭ってどうやったらわかる?自分が臭いかどうか試してみよう


自分の口臭に気づきづらいのは、自分の口の臭さに嗅覚が麻痺してしまうことが原因なんだそうです。その鈍感になった嗅覚を目覚めさせるには、マスクを使って自分の吐く息を直接嗅いでみるといいそうですよ。
マスクを鼻まで覆って、自分の吐く息を鼻で吸い込んでみましょう。嗅覚が麻痺していても、ある程度は口臭を感じるようになるのだとか。
マスクをつけて、もし臭いと感じるのであれば、それはマスクが臭いのではなく、自分の息が臭いということになります。
とはいっても、マスクをしていると唾液がマスクについてしまいますので、唾液のニオイで臭い場合もあります。少しであれば問題ありませんが、あまりにも臭い場合は注意が必要ですよ。

臭いと言われないための口臭対策


普段歯磨きをするとき、口臭予防のために舌を磨いている方も多いと思います。食べ物のカスなどが舌の上に溜まると口臭の原因になるので、舌を磨くのは悪いことではありません。しかし、過剰な舌磨きは逆効果になってしまうんです。
舌の上の白く苔の生えたようになっているものを舌苔といいます。これを無理にとってしまうと余計に唾液の分泌が減ってしまうのだそうです。
舌の表面はとてもデリケートなので、過剰な舌磨きをしてしまうとさらに舌苔が厚くなり、元に戻りにくくなってしまうこともあるのだとか。
舌苔を無理に落とすよりも、唾液の分泌を増やして口腔内の自浄作用を働かせるよういしましょうね。

【口の中が乾燥すると臭くなる】
唾液には、口の中をキレイにして、雑菌を殺菌する効果があるそうです。唾液分泌が少なくなって口の中が乾くと、雑菌が繁殖してしまいます。そのせいで、口臭が発生しやすくなるのだとか。
また、緊張などのストレスを感じ続けると、自律神経の乱れで唾液の分泌が減少してしまうそうです。その結果としてドライマウスになり、口臭が強くなってしまう原因に。
その他、お茶やコーヒーにも注意が必要です。「カフェイン」が入っている飲み物は、唾液の分泌を抑えてしまう場合があるといわれています。口臭が気になる時の飲み物は「水」がオススメですよ。
また、風邪を引いている時など、体調不良で免疫力が低下しているときは、口臭の原因である細菌も繁殖しやすい状態です。さらに熱がある時は、水分が蒸発して口の中が乾燥してしまいます。睡眠不足で体調が悪いときも、口臭が起こりやすくなるそうです。
どちらも回復することが出来れば口臭も解消しますが、普段からタブレットやガムなどでニオイを抑える努力はしましょうね。