「20歳を過ぎてしまったらすべきこと」 メタップス佐藤航陽社長

写真拡大

大学1年生で起業、AIを活用したサービスを展開し、アジア市場を席巻中の佐藤航陽氏。ユニークなアイデア創出の鍵は、徹底した時間管理と常に限界に挑む姿勢にあった。

起業してから今年で10周年を迎えます。事業は、個人的には仕事というよりも探究といったほうが近いですね。自分の知りたいこと、やりたいことを、思いついては試してみる。”ひとり遊び”を繰り返している感じでしょうか。

そういう気質は小さいころからです。いわゆる地域のガキ大将で、勉強はあまりしなくて、体育と美術が得意でした。母の教育方針は「何をするのも自由だが、すべての結果は自己責任」……というとカッコいいかもしれないけど、ある意味放任主義(笑)。でも、おかげでやりたいことをやれた。

中学生のときにはゲームや小物を友達と売り買いして日銭を貯めたし、高校ではアパレル稼業といったら大げさですが、自分で服や靴をデザインして、割と本格的に稼ぎました。

「これをやらなければいけない」という枠組みを人生で感じたことがないんです。日本の教育は、枠組みを決めて「これをしなさい」という方針なので、もともともっていたはずの感性が失われてしまうのだと思う。やはり本人のやりたいことを尊重していかないと、感度の高い子どもは育たないのではないでしょうか。

友人や仕事仲間、社員を見て痛感するのですが、20歳を迎えるまでにどんな環境で生きてきたかは非常に重要です。そこである程度は、習慣とか勝ちパターンが決定されてしまう。20歳を過ぎてしまったら何をしたらいいか……? そうですね、私がこの世でいちばん価値のあるものは「時間」だと思います。

時間は増やすことのできない通貨のようなもので、だらだらと日々を無為に過ごしていたら、「貯金が半額になった!」くらいのダメージではないかと。いまはApple Watchを使って「31歳まであと何日」というのを表示しています。社長室のカレンダーにも毎日×をつけていく。あとは1年前、3カ月前に自分が何を考えて、いまと何が変わったのか、心情の分析もします。

人間は空間の認識能力は優れていますが、時間の認識能力はそれに劣る。でも訓練次第で磨くことができるし、そうすれば無為な日々は送らないで済む。実際、私はApple Watchのおかげで時間にかなり鋭敏になりました。

DMMの創業者兼会長の亀山敬司さんに若いころの話を聞いたとき、いまの自分と同じようなことを考えているなと感じたことがあります。亀山さんは「物事の真理」というのが存在すると信じて、世界中を旅して、自分の目で見てから納得したそうです。それから、リスクのあること、危険なことをあえて行うことで、自分の許容値を上げていった。あとは、ひとつの場所にとどまらないようにした。

僕もまったく同じです。とにかく慣れが怖い。その場所に慣れて、全員お互いに知っていて、どこに何があるかもすべて把握している状態が長く続いたら、脳は衰退していく。常に新しいこと、危ないこと、不安になることをし続けることが、能力の発達という意味では重要ではないかと思います。

「あ、もうだいたいわかったな」となるとダメですね。本能的にそこから離れようとする(笑)。うん、確かにそれがクリエイティビティと直結しているのかもしれません。

<佐藤航陽の1日>

8:45 起床
10:00 出勤
10:00〜0:00 経営会議(月・金)
0:00 退社
1:00 帰宅
2:00 就寝

【家と会社の関係】
社長室に生活のほどんどすべてがあります。家はシャワーを浴びて寝るだけの場所で、パソコンも持って帰りません。手ぶらで会社にきて、手ぶらで帰ります。

【お薦めの本】
『宇宙の扉をノックする』『マクロウィキノミクス』。本は基本読み返さないのに、読み返した希少な2冊。『宇宙の扉をノックする』は「重力は私たちがいる次元以外に漏れ出ている」という仮説がユニークでした。内容は実生活に生かせる本が好きです。

【Apple Watch】
発売して即購入。スマホを毎回取り出すのは面倒なので、愛用しています。メッセンジャーやメールもこれで読みます。

さとう・かつあき◎1986年、福島県生まれ。早稲田大学法学部中退。大学在学中の2007年にメタップスを設立。ビッグデータと人工知能(AI)を駆使して経済やお金の再発明を目指すテクノロジーカンパニーを率いる。