クスコといえば、多くの車種に車高調やサスペンション、ボディ補強パーツを提供しています。ただ、自分のクルマに取り付けたらどうなるかと思っても、なかなか実物を見る機会がありません。特に、アンダーボディに装着する補強パーツだとなおさらですよネ。

1

東京オートサロンのクスコブースでは、横転したクルマをディスプレイしています。そこには、鮮やかなブルーに塗装された86/BRZ用の補強パーツなどが実車に装着されており、何がどういう構造になっていいるかが一目瞭然でわかるようになっています。

筆者はカッコイイと思いましたし、機能美すら感じました。

また反対側にまわると、エンジンルームにもクスコこだわりのブルー・パーツが装着されています。バッテリーステーまで、しっかりこだわっています。これらを全部装着したら、ただでさえ良いクルマの86/BRZが、ますます良くなっちゃいまいますゾ!

またブースの中央には、クスコの歴史と理念をまとめたボードが掲げてありました。「“クルマが好き” すべてはそこから始まった」というコメントは、まさに全てのクルマ好きにあてはまる言葉です。

筆者は走り屋ではありませんが、補強パーツなどが乗り心地の改善やボディ劣化の予防に効くことを経験しています。ボードの文面を読んで、是非こういう提案も積極的に行って欲しいと感じた次第です。

(星崎 俊浩)

【東京オートサロン2017】86&BRZのアンダーボディ・補強パーツが丸見え!必見のクスコブース(http://clicccar.com/2017/01/15/436506/)