【オートサロン2017】スバリスト垂涎! 市販化を睨んだBRZとS4の「STI Sport」は必見

写真拡大 (全7枚)

BRZは「GT」でも採用したザックスのダンパーを装着!

スバルの目玉は、BRZ STI SportとWRX S4 STI Sportのコンセプトモデル。従来にないオーシャンシルバーメタリックという金属調の滑らかなカラーリングでスペシャル感が強調されている2台だが、クルマ本体にもかなり手が入っている。

BRZ STI Sport

まずBRZ。フロントバンパーは、両サイドの開口部がメッシュタイプになっていて、かなりスポーティ。加えて開口部の上半分は艶のあるブラック、リップスポイラーやホイールなどはつや消しの黒にしてスパルタンさを演出。

タイヤは18インチにサイズアップされ、最新のミシュラン・パイロットスポーツ4を装着。タイヤのハイパフォーマンス化に合わせて、ベースの「GT」でも採用された、ザックスのダンパーをスプリングとともに専用チューン。単純に、足を固めるだけでなく、しなやかにいなすことをSTIチューンの真髄としている。

レヴォーグのSTI Sportでは採用が見送られたフレキシブルVバーや補強バーなども入っていて興味深い。マフラーも「GT」などと同様、テールパイプの口径が大きく、迫力を増している。

見た目だけでなく実効空力を計算したエアロを装着

WRX S4 STI Sport

こうしたBRZに対してWRXは、S4ベースで、インテークまわりをよりアグレッシブるに。グリルと下まわりサテンのシルバーを入れて上質さを出している。

エアロパーツは艶ありの黒にピンストライプを入れて、ホイールも艶黒に。リアスポイラーもさりげない形状になっているが、フロントリップもリアスポイラーも空力解析を行っていて、燃費向上とリフトフォースの軽減にも貢献している。

レヴォーグのSTI Sportも、人気が上々(レボーグの購入者の40%がチョイス)ということもあり、STI Sportの第2弾、第3弾として、近いうちに市販化されるのは間違いないだろう。