「ふと、彼氏との昔のケンカを思い出して怒りが……」「いつもは平気だけど急に彼氏が浮気をしていないか不安になってきた……」などなど、恋愛中は気持ちが不安定。唐突に怒りや不安などネガティブな気持ちがおそってくることってありますよね。気持ちの浮き沈みが激しくなり、疲れて戸惑ってしまう状況。けれど、どうしたらいいの……と迷子になってしまう。情緒不安定だと彼との仲もこじれがちです。
今回は、急にイライラや不安になってしまったときに使える対処法をお伝えします。



自分から不のスパイラルにはまってしまってはもったいない!


まず覚えておきたいのは「自分からダメな方向にどんどんハマってしまってはもったいない」ということ。急に生まれたネガティブな気持ちは、たまたま訪れたものかもしれないのです。あなたがダメということではなく、それはいっときのネガティブかもしれません。そのことで自分を責めて自分や周りを傷つけないこと! まずはそれが大切です。

ではネガティブな気分に陥ってしまったときはどのように気分転換するのが良いのでしょうか?

怒りや不安を和らげる具体的な方法


ヒントは「快」。「心地いい」「やさしい」「うれしい」「楽しい」気持ちを自分に取り戻すということ。また「快」は、あなたにさらなるハッピーを連れてきます。また、これらはノートに書く、アプリにメモする、口に出すなど、いろいろな方法で可能なんです!

1. 自分を愛でて


自愛をしましょう。自愛とは「自分を愛でる」こと! 怒りや不安でいっぱいなとき、あなたは自信を失ったり過剰に責めたりと自分を無意識に傷つけています。まずは、それのケアから始めましょう。言葉は何でも大丈夫。「無理してたんだね」といういたわりでも、「あなたは素敵だよー」というほめる言葉でもなんでもいいので自分を愛でてあげてください。

2. 過去の楽しかったエピソードを思い出そう


今が「イヤ」な気持ちでいっぱいだとして、本当にすべてそうでしょうか? 過去あった楽しいことやうれしいことを思い出しましょう。恋愛のことだけじゃなくてもよいのです。どれだけ昔にさかのぼっても大丈夫。子どもの頃のことだって。できるだけ素敵なエピソードを思い出しましょう。

3. 自分の周りにある幸せを探す


どんな小さなことでもいいので、周りに「ある」幸せを見つけましょう。極端な話、「今日も暖かい布団で眠れた」でも! これも自分の周りに「ある」幸せの1つです。どんどん見つけて増やしましょう。



4. 今よりちょっと「良くなるかも」な考えを見つける


たとえば、今「LINEの返信が遅い」として、「遅い」ことだけを考えるとまたネガティブになってしまいます。なぜなら、「もっと早くLINEを返してほしいのに届かない」の「ない」という不足を考えている状態だからです。何より、「不足」に目を向けると幸せから遠ざかりがち! そこで、「ちょっと良くなる考え」を見つけましょう。こじつけでも大丈夫です。

例えば返信が来ない=「怪しい」ではなく、もっとシンプルに考えてみればいいんです。
「ちょっと返事が来ないくらいでイライラするなんて、私自身疲れているのかも、今日は早く寝よう」「相手は忙しいのかな、あとでお疲れさまって伝えよう」などなど。
ちょっとしたことですが疑心暗鬼になる前に考え方を変えてみるのが大事です。
そうすることで、気分も考えも今よりちょっと「良くなる」わけです。そしてあなたの中に「快」が増えます。

5.深呼吸して5秒待とう!


まず、深呼吸して5秒ほど待ちましょう。ちょっと落ち着くだけで止まることも。また、数秒おくことで冷静な自分が戻ってくることも! 少しでいいから、深呼吸しましょう。

人に愚痴るのは逆効果


それでも落ち着かない時は、一度リセットしましょう。といっても、誰かに愚痴を聞いてもらったりストレス解消に飲食をしたり……というのは避けたいところ。そのことでさらにイライラが増えてしまう場合もあるからです。もしまだくすぶっていた場合、「愚痴ばかり話してしまった」「暴飲暴食をした」など、相手も自分も傷つけてしまいます。確かに、吐きだした方がスッキリしますよね。しかし、出し方と状況を間違えると……。吐きだすなら、少し落ち着いてからの方が有効です。

6.眠ってリラックスしよう


可能なら、一度眠ってしまうのがベスト! 眠ると、否が応でもリセットできますから、怒りや不安に飲まれることが避けられます。また、一度の眠りではできなかったとしても、眠るたびに和らぎますから、忘れるように気持ちを時間をかけて落ち着かせることが大事です。

生理前や過剰なストレスで、急なネガティブ思考におそわれることは誰だってありますよね。けれど、こうして「落ち着いてワンクッション置き、快を増やす」ことで幸せな日々が続くようになります。もしよかったら、試してみてくださいね。

(らくしゅみっくす)