「株価チャート」の見方をやさしく解説! 株初心者には難しい「株を買うタイミング」を 株価チャートから探る方法とは?

写真拡大

株初心者には難しそうに見える株価チャート。でも基本をおさえればかんたんです! 株を買うのは「上昇トレンドのとき」。株価チャートの「ローソク足」と「移動平均線」の位置関係や向きでトレンドがわかっちゃいます!

現在発売中の雑誌『めちゃくちゃ売れてる雑誌ザイが作った 今年こそお金持ち入門』では、「永久保存版 ゼロから始める株入門」を掲載! 今回はそのなかから、ちょっと高度だけど株初心者も覚えておきたい、「株価チャートの見方」と「株を買うベストなタイミング」を紹介します!

【目次】ゼロから始める株入門
【第1回】「株式投資」って何ですか?
【第2回】「儲かる株」の探し方
【第3回】「儲かる株」を見極める方法
【第4回】「株主優待株」の失敗しない選び方
【第5回】割安かを知る指標「PER」をサクッと学ぶ
【第6回】「株価チャート」の見方
【第7回】「証券会社」の選び方&「口座開設」のしかた
【第8回】損を小さくする「株の買い方」「株の売り方」
■【第9回】「ネット証券での口座開設」までの流れ
■【第10回】注文画面で株を買う方法
■【第11回】「板情報」の見方
■【第12回】「株で儲ける」3つの方法
■【第13回】株式投資でやってはいけないこと
■【第14回】「配当利回り」って何ですか?
■【第15回】「配当金」の受け取り方
■【第16回】「会社の業績」の見方
■【第17回】「危ない銘柄」を見抜く方法
■【第18回】「PBR」の意味をサクッと学ぶ
■【第19回】「株価チャート」の詳しい見方&使い方
■【第20回】「ローソク足」の見方
■【第21回】「移動平均線」の見方
■【第22回】株価の方向性を「トレンドライン」で見極める
■【第23回】「ダブルボトム」「ダブルトップ」を解説
<<【株入門・第5回】割安かを知る「PER」とは?【株入門・第7回】証券会社の選び方>>

株価チャートで株を買うベストなタイミングがわかる

 業績がよくて、将来性もあり、PERもチェックして投資候補をしぼっても、いざ買うとなると具体的にどのタイミングで買ったらいいのか迷ってしまう……。

 そんなときに利用したいのが株価チャートです。株価チャートは、株価の動きを見るためのグラフで、基本的には「ローソク足(あし)」「出来高(できだか)の棒グラフ」「移動平均線」という3つのパーツでできています。

 ローソク足は、株価の動きを示したもの。ローソクのような形をしていて、長方形の胴体部分と上下の線(上ヒゲと下ヒゲ)から成ります。上ヒゲは高値、下ヒゲは安値を示すものです。

 ローソクの胴体部分は、白抜きのものと黒塗りのものとがあります。白抜きのローソク足は「陽線」と呼ばれ、下辺はある期間の最初についた値段である「始値(はじめね)」を、上辺はある期間の最後の値段である「終値(おわりね)」を示します。

 一方、黒塗りの方は「陰線」と呼ばれ、上辺が始値、下辺が終値です。

 そして、これらのローソク足を左から右に連ねて株価の変動を示したものがローソク足チャートです。

 ローソク1本で1日の動きを示す日足(ひあし)チャート、1週間の動きを示す週足(しゅうあし)チャート、1ヵ月の動きを示す月足(つきあし)チャートなどがあり、株価の大きなトレンドを見るには月足、細かい動きを確認するには日足というように使い分けるといいでしょう。

 また、グラフの下方にある棒グラフは「出来高(できだか)」といい、どのくらい売買が盛り上がったかを見るもの。その株が人気化してくると棒グラフは高くなり、人気が沈静化してくると低くなります。

移動平均線で株価のトレンドを確認する

 移動平均線は、一定期間の株価の平均値を計算してグラフ化したもので、短期的な値動きのデコボコをならして、株価の大まかなトレンドを見ようとする補助線です。基本的には線の向きがトレンドを示し、線が上向いていれば上昇トレンド、下向いていれば下降トレンドと判断できます。

株価チャートの使った株の買い方を紹介!

 株は、上昇トレンドのときに買うのが基本戦略です。値動きが上昇基調にあるときに買って、その上昇を享受する。そして上昇が終わり、下降トレンドに転換したときに売却するのです。

 今が上昇トレンドかどうかは、株価チャートを見て、(1)ローソク足が右肩上がりに上昇していること、(2)移動平均線も上昇していること、などで判断できます。

 注意したいのは、下降トレンド中の株には手を出さないということ。いずれは下降が止まって上昇に転換するだろうと思っても、その日がいつ来るかわかりません。そのときまで損失を膨らませることになり、大変危険です。業績や将来性、PERなどでよいと思う銘柄でも、株価チャートが下降トレンドなら、上昇トレンドに転換するまで買いは保留しましょう。

上昇トレンドの「押し目買い」を狙え!

 上昇トレンドの中でも、「押し目(おしめ)」で買うことができたら、あなたも立派な中級者! 押し目とは、上昇トレンド中で一時的に下落したところをいいます。上昇トレンド中でも、株価は上がったり下がったりしながら上昇していきます。そこで、一時的に下がったところで買えれば、安く買えることになるのです。

 具体的には、株価チャートを見て、上向いている移動平均線に目をつけて、株価がその線の付近に落ちてきたところで買いましょう。

 たとえば、上で紹介している月足チャートのオレンジの点線で囲んだ部分を見ると、移動平均線が2本とも上向いていて、ローソク足はおおむねこれらの線に支えられる形で長期的な上昇トレンドを続けているように見えます。

 そこで、株価が上の移動平均線近辺まで下がってきたときが第一の買いポイント、下の移動平均線近辺まで下がってきたときが第二の買いポイントになります。これらのポイントをおさえて、将来性のある株を少しでも安く手に入れましょう!

<移動平均線の使い方まとめ>

(1)線の向きがトレンドを示す
 上向きなら上昇トレンド 
 下向きなら下降トレンド

(2)買いポイントのメドになる
 株価が移動平均線にタッチしたあたりが押し目買いのポイント

(3)移動平均線で分かる!
 短期トレンド→5日、25日
 数ヵ月のトレンド→13週、26週、52週
 長期トレンド→24ヵ月、60ヵ月、120ヵ月

【関連記事はこちら!】
■株初心者におすすめの「証券会社」を紹介! 人気ネット証券の売買手数料を比較&ネットで簡単にできる口座開設の手順も解説!
■桐谷さんに聞いた!「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」

<<【株入門・第5回】割安かを知る「PER」とは?【株入門・第7回】証券会社の選び方>>
【目次】ゼロから始める株入門
【第1回】「株式投資」って何ですか?
【第2回】「儲かる株」の探し方
【第3回】「儲かる株」を見極める方法
【第4回】「株主優待」と「配当」の基本ルール
【第5回】割安かを知る指標「PER」をサクッと学ぶ
【第6回】「株価チャート」の見方
【第7回】「証券会社」の選び方&「口座開設」のしかた
【第8回】損を小さくする「株の買い方」「株の売り方」
■【第9回】「ネット証券での口座開設」までの流れ
■【第10回】注文画面で株を買う方法
■【第11回】「板情報」の見方
■【第12回】「株で儲ける」3つの方法
■【第13回】株式投資でやってはいけないこと
■【第14回】「配当利回り」って何ですか?
■【第15回】「配当金」の受け取り方
■【第16回】「会社の業績」の見方
■【第17回】「危ない銘柄」を見抜く方法
■【第18回】「PBR」の意味をサクッと学ぶ
■【第19回】「株価チャート」の詳しい見方&使い方
■【第20回】「ローソク足」の見方
■【第21回】「移動平均線」の見方
■【第22回】株価の方向性を「トレンドライン」で見極める
■【第23回】「ダブルボトム」「ダブルトップ」を解説

 株式投資を本格的に勉強したい株初心者には、書籍『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版』がおすすめ! 全国の書店やアマゾン、楽天ブックスなどのネット書店でも送料無料で好評発売中。

◆『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版』
 ⇒Amazonでの購入はこちら!(送料無料)
 ⇒楽天ブックスでの購入はこちら!(送料無料)