札幌で開催される「ピクサー
アドベンチャー」展 (C)Disney/Pixar

写真拡大

 ピクサー・アニメーション・スタジオの作品世界を体験できる企画展「ピクサー アドベンチャー 『もしも』から始まる、冒険の世界」が、北海道・札幌コンベンションセンターでも開催されることがわかった。

 同企画は、参加者が「トイ・ストーリー」などの3DCGアニメ映画を手がけるピクサー・アニメーション・スタジオの作品世界に入り込み、さまざまな「もしも」のシチュエーションを体験できるというもの。2015年12月の大阪会場を皮切りに、これまでに名古屋、福岡、東京で開催され、累計25万人を動員している。

 会場には、ウッディやバズの仲間になって物語を振り返る「トイ・ストーリー」エリア、扉を開けてモンスターたちの世界をのぞきこむ「モンスターズ・インク」エリア、マーリンやドリーと一緒に海で巻き起こる危機を体験する「ファインディング・ニモ」エリア、マックィーンやメーターたちが住む街に入り込む「カーズ」エリアといった、ディズニー/ピクサーを代表する4作品それぞれに焦点を当てたエリアが設置。そのほか、同企画限定グッズ200種以上の販売も予定されている。

 会期は4月28日〜5月7日。入場料は一般(中学生以上)が1200円、 子ども(4歳〜小学生)が600円。前売りと20人以上の団体料金は、一般(中学生以上)が1000円、子ども(4歳〜小学生)が500円(いずれも税込み)。3歳以下の入場は無料。前売りチケットは、チケットぴあ、ローソンチケット、道新プレイガイド、大丸プレイガイドほかで発売中。