はぁ? 「男性脳」と「女性脳」のちがいを実感する瞬間6つ

写真拡大

男性と女性には体つきにも大きなちがいがありますが、実は見えない部分でもある脳にも性別による明確なちがいが。そのちがいが行動や考え方となってあらわれると思えば、お互いがわかりあえなくても当然と納得できそう。今回は「男性脳」と「女性脳」のちがいを実感する瞬間について女性たちに聞いてみましょう。

■映画を見ているとき

・「映画などを見てるときに、男性だと理論的ではっきりした説明を求めてるけど、女性だと感情が入りすぎて物語より感情面を優先させて見入るときが多いと思う」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「映画を見たときに男性と女性で感動するところがちがうなと思った」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

理論的に映画を見る男性と感情的に映画を見る女性。言語中枢以外の部分も駆使して会話を理解しようとする女性は、さまざまな情報が混乱することで感情の波が生まれるのだそうですが、そういえば同じ映画を見ても男女ではまったく反応がちがうことも多いですよね。

■悩み相談をしたとき

・「悩み相談をしたときに、男性はなんとかして解決策を提案してくる。女性は共感し、自分の話をはじめる」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「悩みに直面したとき、人に解答を求めるのが男性脳で、ただ話を聞いてほしいのは女性脳」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

悩み事を相談したとき、男性から細々とアドバイスをもらっても何となくスッキリしない。こういうところでも共感を得たいという気持ちの大きい女性脳と答えを探そうとする男性脳のちがいが出るようですね。

■地図を見ているとき

・「地理感。遊びに行って、方角とかさっとわかるとさすが男性と思う」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「地図が読めずもたもたしていたら、こっちだよと、ちょっと見ただけで案内してくれた」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

空間認識力の差によって、男性と女性では地図の見方がちがうとも言われています。脳の一部を使って集中的に地図を読もうとする男性と脳全体で把握しようとする女性。地図を見ているときに、男女でまったくちがう脳の使われ方をしているそうですよ。

■物事の解決方法

・「仕事でも、冷静に状況判断したがるのが男性脳で、女性脳はつい感情に左右されがちだと実感したことがある」(23歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「男性は冷静で論理的、女性はすべて感情に訴える傾向があるなと思う」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

仕事でトラブルがあったときにも冷静でいられる男性と感情に左右されやすい女性のちがいがわかりますよね。どうにかして解決方法を探ろうとするのは男性脳、考えれば考えるほど感情が高ぶるのが女性脳と言えそうです。

■仕事のこなし方

・「電話中。男性は電話で精一杯。女性は別の作業をしながら電話ができる」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「仕事が忙しくなったときの対応について、女性は同時にいくつもこなすけれど、男性はひとつにのめり込む」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

同時進行で仕事をこなせる女性に比べて、ひとつの仕事にのめり込む男性は多いですよね。こういう点での男性脳と女性脳のちがいというのは、何かをしているときに話しかけても聞いていないという日常的な男性への不満にも繋がりそうですね。

■話の順序立て

・「目的地に行くときに、ゴールを重視するか、過程を重視するか。男性はいかに早く着くかを重視するのに対し、女性は途中にどんなおいしい店があるかなど、過程を重視するから」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「女性は過程から順序付けて話してほしいというが、男性は結論から先に話してほしいと祝える」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

会話の中でも結論重視の男性脳と過程を事細かに話したがる女性脳のちがいを感じることも。女性の話が回りくどくてわかりにくいという男性に対して、過程がわからないと理解できないと怒る女性。脳のちがいだと考えれば、少し受け入れやすくなるかもしれませんね。

■まとめ

男性には女心がわからない、女性には男の気持ちをわかってもらえない。この原因が脳の使い方のちがいにあると思えば、冷静に相手を受け入れることもできるかも。もちろん、男性でも女性脳に近い人もいれば、その逆もいるので100%とは言い切れませんが、性別によってちがいがあることは確か。そういったちがいを理解しようとするお互いの努力が必要なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月13日〜2017年1月4日
調査人数:119人(22〜34歳の社会人女性)