4年で27回も命を狙われていたことが明らかに

写真拡大

 中国の習近平国家主席の肝いりで、中国では汚職取り締まりなどの反腐敗運動が大々的に展開されているなか、運動の推進役の中国共産党中央規律検査委員会トップ、王岐山書記(党政治局常務委員)が運動開始の2012年11月からこれまで4年間で、27回も命を狙われていたことが分かった。

 香港誌「動向」最新号(2016年12月発行)が伝えたもので、同誌は2013年8月にも王氏が地方視察中、地元の警察官2人の襲撃を受けて危うく難を逃れたと報じており、それが事実だとすれば、この3年あまりの間で、ほぼ1か月半ごとに、王氏への暗殺未遂事件が発生していることになる。

 王氏は2016年11月中旬、同委書記として、国家監察体制改革のモデル地域の1つ、内陸部の山西省を視察のため訪れた。

 その際、省都・太原市郊外の高速道路で、一行が乗った車が反対側から走ってきた大型トラックに突っ込まれ大破、炎上したという。王氏は衝突のショックで外に投げ出され、奇跡的に助かったものの、負傷の程度は不明。また、随員に死傷者が出ているかどうかも分かっていない。大型トラックは故障を装い、道路上で待ち伏せをしていたようだ。

 王氏の乗る専用車両は特別な防弾、防圧措置を施されており、車体にも燃えにくい材料が使われていることから、王氏は難を逃れることができたとみられる。

 王氏を狙った暗殺未遂事件は今回で27回目。これまで武器や車両による暗殺未遂事件が17回あった。郵便物に毒薬などを仕込んで送りつけものは8回、宿泊先の飲料水や食事に毒物を入れて、いのちを狙った事件が2回あったと同誌は報じている。

 習近平主席は事態を重く見て、王氏の警備に万全を尽くすように、警察当局に厳命しているという。

 同誌によると、王氏は北京で行われた会議で、たび重なる暗殺未遂事件について、「私の寿命は特に長く1000歳までも生きることができ、目、鼻、耳も特別製で、危険をすぐに察知できる。きっと、私の祖先はあの世で私と会いたくないと思っているのではないか」と笑いながら冗談を飛ばすなど豪傑ぶりを披露したことがあるという。