【1月15日はアダルトの日】あなたが「大人になったな…」と感じるときはいつですか?

写真拡大

1月15日は「アダルトの日」です。1947年のこの日、日本初のヌードショーが開演されたことが由来なのだそうですが、ここで質問。あなたが「ああ、私大人になったんだなぁ〜」と感じた瞬間は、どんなときだったでしょうか?

アンケートサイト「みんなの声」による調査「『大人になったなぁ』と思う瞬間って?」をチェックしてみたところ、興味深い答えがいくつかありました。

【こんなとき「大人になった!」と実感している】

みんなが「大人になった」と実感する瞬間、総合ランキング(総投票数:4407票)のトップ10は、こちらですっ!

1位 回答にあるもの全部(897票)
2位 好きなモノを好きに買える時(697票)
3位 テレビなどで自分より年下の人が活躍している時(543票)
4位 自分のお金で生活している時(538票)
5位 お酒を飲んでいる時(400票)
6位 誕生日に喜ばなくなった時(288票)
7位 アイ・アム・チャイルド フォーエバー(263票)
8位 車を運転している時(230票)
9位 子どもが可愛く思えた時(141票)
10位 知り合いが結婚する時(39票)

【どれも「あるある」だなぁ〜】

1位の「全部」というのは、たしかに納得。自由に買い物できたり、テレビに出ている人が自分より年下だということに気づいて愕然としたり、お酒を飲んで楽しい気分になっていたりするとき、自分は大人なのだと実感しますものね。

1人暮らししている私としてはやはり、自分のお金で生活しているのだと感じるときが1番、「私、大人だ!」と思える瞬間かなぁ。

しかし一方で、7位にある「永遠の子供です」という意見にも、うなづかずにはいられないわけなのです。

【見た目は大人、中身は子供!】

見た目がどんなに老けようとも、心は若い頃とさほど変わらないもの。周囲の人に話を聞いてみても、「根本的な部分は10代の頃と一緒」と答える人が圧倒的に多いような気がします。

私自身もこれに当てはまりますし、多感な時代に養った性質はずっと、そのままであり続けるのかもしれません。

【10代よりも20代のほうが子供だった】

自分のことを振り返ってみると、10代よりも20代のときのほうが、中身が子供だったかも。年齢こそ大人だけれど、上京して1人になったことで初めて出会う自分というものに、悩まされ振り回され傷ついて。そして同時に人を傷つけて。そういったあれこれを思うと、当時の自分は子供だったとしか言いようがないな……。

【30代でやっと、少し大人になれたような気がする】

しかし30代に入ると、次第に視界がすっきり開けていくような、不思議な感覚があったんです。

もちろん今だって、子供みたいな振る舞いをして迷惑をかけてしまうこともあるのですが(ダメよね)、モヤモヤしてガツガツして右往左往して、必死にもがいていた20代の頃が今ではウソのよう。生きるのがずいぶん楽になったような気がするんですよね。

それなりに、傷つきながらも経験を積んできたからこそ、変に焦らなくなった。私はこの感情こそが「大人になったな!」と強く実感できるものなのかもしれません。

みなさんが「大人になったな!」と思うのは、どんなときですか?

参照元:みんなの声「『大人になったなぁ』と思う瞬間って?」、今日は何の日〜毎日が記念日〜、デジタル大辞典
執筆=田端あんじ / 画像=Pouch (c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む