北朝鮮の労働新聞は14日、韓国政府に対して「民族の統一志向に悪らつに挑戦しながら年頭から反共和国核騒動に狂奔している」と非難する署名入りの論説を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、「かいらい国務総理の黄教安逆徒は新年を迎えて行ったいわゆる『御用始式』で『安保力量を強化』し、『国際社会と緊密に協力』して『北の核脅威に対応』していくと気炎を吐いた」としながら、韓国の黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行(首相)を非難した。

また、「かいらい軍部好戦狂らは、『北の核脅威除去』をけん伝して北侵戦争騒動に狂奔している」と主張した。

さらに、「外部勢力と共に反共和国核騒動をヒステリックに起こし、北南関係の破局を深化させ、朝鮮半島の平和と安全を破壊するかいらいの妄動は絶対に許されない」と強調した。