Doctors Me(ドクターズミー)- 赤ちゃんの鼻づまりについて教えて!

写真拡大

冬の間、小さなお子さんは常に鼻水を垂らしていますよね。薬を飲んでも劇的によくなるわけでもなく、治ったと思ったらすぐにぶり返し、子どもは何故こうもすぐに鼻づまりを起こしてしまうのか、不思議に感じている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、赤ちゃんや幼児の鼻づまりにいて、医師に解説していただきました。

赤ちゃんが鼻づまりしやすい理由は?

通常、大人でも風邪などで鼻粘膜が腫れたり、鼻水が出ると鼻づまりを起こしますが、赤ちゃんや幼児が鼻づまりしやすい原因としては、以下の点があげられます。

・鼻の中が狭い
・生後しばらくは鼻毛がない
・自分で鼻をかむことができない
・上記理由により大きな乾いた鼻くそが詰まりやすい

鼻くそはとってあげたほうがいい?

赤ちゃんや幼児の鼻から、「信じられないくらい大きな鼻くそが出てきて驚いた!」というママやパパは多いものです。乾いた鼻くそがよく出るようであれば、空気が乾燥していたり空気中にホコリや汚れが多い状態かもしれません。換気や掃除をしてホコリを減らし、空気清浄器や加湿器を使用するのもよいでしょう。
鼻の穴を覗いてみて、鼻くそが近くに見えるようなら、細いベビー綿棒で取ってみてもよいでしょう。あまり深追いせず、穴付近のものをひっかけて引きずり出し、あとは綿棒をクルクル巻くようにして、からめ取るのがよいでしょう。
ただし、あまり奥に綿棒を突っ込むと、かえって鼻くそを押し込んだり、鼻血の原因になります。
一人で行うのではなく誰かに赤ちゃんの頭をしっかり固定してもらって行うと、赤ちゃんが動いても安全です。

鼻水がかめない赤ちゃんの鼻水対策は?

水っぽい鼻水がある場合、市販の鼻水吸い器を使う方法もあります。かつてはお母さんが直接赤ちゃんの鼻に口をつけて鼻水を吸い出していたようですが、風邪がお母さんに移ってしまうこともあり、最近は行わなくなっています。
市販の鼻水吸い器には、プラスチックの管の途中に鼻水をためる部屋がついており管の片方を赤ちゃんの鼻に入れ、もう片方をお母さんがくわえて、口で吸う圧で鼻水を取るものと、電動で吸引圧をかけるものがあります。
どちらもやりすぎるとかえって鼻粘膜を傷つけ鼻づまりを悪化させることがあります。無理に吸おうとせず、取れない場合は耳鼻科医院で取ってもらうようにしましょう。
耳鼻科や小児科を受診すると、鼻水や痰といった分泌液の粘り気を抑えて出しやすくする飲み薬を処方してもらったり、吸入薬の煙を吸う治療で分泌液をさらさらにする治療が受けられます。

水分摂取が十分でないと、鼻水も粘っこくなり、排出しにくくなります。鼻づまりがあるときは、空気の加湿だけでなく水分摂取も十分にするようにしましょう。

鼻水で疑いのある病気・アデノイド

鼻水も鼻くそもないのに鼻づまりがある・いつも鼻声であるという場合、鼻の中央にある鼻中隔のゆがみがあったり、喉の奥の扁桃腺が腫れるアデノイドが隠れていることがあります。
また頬や額にある副鼻腔に膿がたまる副鼻腔炎(蓄膿症)がある場合、常に鼻水が出て詰まり気味になります。長引く鼻づまりの場合には耳鼻科受診をお勧めします。

鼻水からの中耳炎に注意!

鼻と耳は耳管という管でつながっており、大人は耳管に角度がついているため鼻から耳に膿が流れることは少ないのですが、子供や赤ちゃんは耳管が水平に近く、鼻水があるとそれが耳に逆流して中耳炎になることが多いです。
小児期に中耳炎を繰り返していると大人になってから耳の聞こえが悪くなることがあります。そうならないために取れる鼻水は取って、中耳炎にならないようにしたいものです。中耳炎になってしまった場合、抗生剤を適切に内服し、しっかり治しきるようにしましょう。

医師からのアドバイス

おうちでできるケアとして、小鼻の横にある晴明・迎香と呼ばれるツボを指圧することもよいでしょう。
赤ちゃんが鼻づまりになると機嫌が悪くなり、月齢が低いとおっぱいやミルクも上手に飲めなくなります。特にこれからの空気が乾燥する冬には注意してあげたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)