EXO「第31回ゴールデンディスクアワード」アルバム部門で大賞を受賞“この賞はファンの皆さんのもの”

写真拡大

EXOが「第31回ゴールデンディスクアワード」アルバム部門で大賞を受賞した。

EXOは14日午後、一山(イルサン) キンテックスで開かれた「第31回ゴールデンディスクアワード(以下ゴールデンディスク)」でアルバム部門大賞受賞の栄光を手にした。

スホは「三回目の受賞の感想の発表になる。大先輩と後輩と同じステージに立つことだけでも光栄なのに、偉大な賞をくださり感謝する」と受賞の感想を述べた。

スホは続いて「見えないところで支えてくださった方々、EXO-L(EXOのファンクラブ) の皆さんに感謝申し上げる。僕がとても小さな期待を持ってゴールデンディスクの検索をしてみたが、僕たちEXOが賞をとったら、初の4年連続になると、記録になると読んだ。小さな期待だけを抱いて来たが、大きな賞をくださり感謝する」と感激した心を表した。

ベクヒョンは「2017年にもEXOは一生懸命準備している。期待をたくさんしてほしい。本当に感謝したい方々が多いが、今浮かぶ人はファンの皆さんだ」とファンクラブEXO-Lに感謝を伝えた。チャンヨルは「今日のこの声を忘れられないと思う。2017年は本当に周りの人だけでなく、すべての人が幸せになる、幸せな年になったら良いと思う。愛している」と伝えた。

誕生日を迎えたカイも「本当に最高の誕生日プレゼントをもらったと思う。今後素敵なパフォーマンスをお見せする。このプレゼントはすべてEXO-Lの皆さんのおかげだ」と喜びを表した。

セフンは「誕生日おめでとうキム・カイ」と言って笑顔を見せた。チェンも「感謝する」と大きな声で伝えた。

またディオは「とても貴重な賞である。この賞にふさわしいEXOになることができるようにする。長く愛してほしい」と心を伝えた。

さらに「この賞の所有者は、別にいる」とシウミンはEXO-Lが大賞の主人公だとし、賞の栄誉をファンに与えた。