Doctors Me(ドクターズミー)- 【乾燥肌でお悩みの方へ】乾燥しがちな冬のスキンケアとは

写真拡大

冬は、肌がカサカサと乾き、荒れてしまいがちな季節です。
今回は冬の乾燥しがちな肌のケアについて、医師に詳しい話を聞いてきました。

冬の肌のダメージとは

1.乾燥
冬のお肌の状態、と聞いてまず考えるのが乾燥です。冬の冷たく乾いた空気に加え、室内の暖房による影響もあります。

2.血行不良
冬の肌を考えるうえで忘れてはいけないのが、寒さです。気温が下がり、手足などの末梢の血管が収縮して血行が悪くなることも、冬の肌が受けるダメージの一つです。

3.皮脂不足
冬は当然、発汗が少なくなり、肌をコーティングする皮脂の分泌が減ってしまいます。

乾燥肌の人が行うべきスキンケアとは?

乾燥肌の方のスキンケアとしては、
・肌に充分なうるおいを補給すること
・敏感になっている肌に余分な刺激を与えないこと

が大きなポイントになります。

1.洗顔方法
まず、肌にとって必要な皮脂などを奪いすぎないようなマイルドな洗顔料を、手のひらや専用のネットで、しっかり泡立てます。その泡をそっと顔にのせ、優しくこすらずに洗顔します。ぬるま湯で泡を十分洗い流したら、すぐに吸湿性の高いやわらかいタオルで、優しくパッティングするように水分を吸い取ります。

2.洗顔後のお手入れ
洗顔後、時間をおかずに化粧水で保湿します。すぐ乾いてしまう場合は、化粧水が足りていないと考えられるので、たっぷり使うようにしましょう。
この後、必ず何らかの形で油膜を作って、化粧水で補った水分が蒸発しないよう封じ込めることが大切です。例えば保湿の美容液、あるいは乳液、クリームを用いるなど、好みの方法を見つけてください。

生活の中でできる、冬の乾燥から肌を守る方法

1.室内の加湿
加湿器を使えればいいですが、それが難しい場合は、濡れタオルや洗濯物を室内に干すことでも加湿されます。
2.水分補給
身体の内部からも水分を補給してあげましょう。飲み物としての水分は、室温、または暖かいものをこまめに補給しましょう。
3.ボディケア
お風呂に入った後などに、ひじ、太もも、すねなど、乾燥しやすい部分は念入りにボディローションなどで保湿しましょう。

医師からのアドバイス

冬は、乾燥に悩まされる方が多い季節です。
春先の花粉や気温の変化に備えるためにも、しっかり保湿して冬の肌をよい状態に保っておきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)