Doctors Me(ドクターズミー)- 胃がんの原因「ピロリ菌」の感染を防ぐには?

写真拡大

胃がんは「ピロリ菌」が原因だといわれています。このピロリ菌とは、どのような感染経路で感染し、どのような特徴をもっているのでしょうか?
今回は、ピロリ菌について、医師に詳しい話を聞いてきました。

ピロリ菌とは?

ピロリ菌は正式名は「ヘリコバクターピロリ(Helicobacterpylori)」といい、胃粘膜や胃粘膜上皮に存在しています。
通常、胃酸の中では細菌は生きられないものですが、ピロリ菌は「ウレアーゼ」という酵素を持ち、胃酸を中和させることで、胃の中でも自分が生きていける状態をつくりだす珍しい菌です。

ピロリ菌は胃の中に存在しているだけでは、特に症状が出るわけではありません。医療機関にいって、検査しないと、いるかいないかはわかりません。

しかし、ピロリ菌は、さまざま病気の原因になることが分かっています。
・胃潰瘍、十二指腸潰瘍
・萎縮性胃炎
・胃がん
・胃マルトリンパ腫

など

ピロリ菌の感染経路は?

感染経路が明確になっているわけではありませんが、以下のような経口感染が原因であると考えられています。
・不衛生な上下水道を使って生活することによる感染
・感染した親が、自分の口にいれた食物を子どもに口うつしで与えること

現在の日本では、上下水道の整備が進み。衛生状態が改善されていますので、通常の生活をしている限り感染の心配はほとんどありません。

家族がピロリ菌に感染してしまったら?

インフルエンザや、ノロウイルスのように、接触したり、同じ空間にいることでうつったりはしません。また、経口感染といっても、キスなどではうつらないと考えられています。

大人の場合は免疫力ができているので、家族からの感染で、持続感染(長期的な感染)になることはまれです。家族にピロリ菌の方がいても、直ちに対策をとらなければいけないというものではありません。ただし、子どもの場合は食物の与えかた等で感染する場合があります

ピロリ菌の除菌

ピロリ菌が見つかった場合、自然治癒ということは、ほとんどありません。医療機関で受診し、ピロリ菌の「除菌」を行います。

除菌の方法は、抗生物質を2剤、胃酸分泌を抑える薬剤1剤を使って除菌します。しかし、1回で除菌ができるとは限らないので、除菌できていなければ一部薬剤を変更し、再度除菌を行います。それでも耐性菌などの問題で、除菌ができていなければ、3回目の除菌を行うこともできますが、自費診療となります。大半の方は2回の除菌で完了します。

医師からのアドバイス

ピロリ菌に感染していても、慌てる必要はありません。適切な除菌を行えば、病気を予防することができます。

気になる方は、上部消化管内視鏡検査を行ったときなどに、並行して検査を受けてみてください。

(監修:Doctors Me 医師)