EXO「第31回ゴールデンディスクアワード」アルバム部門で本賞を受賞“賞の重みの分熱心に活動する”

写真拡大

EXOが「第31回ゴールデンディスクアワード」アルバム部門で本賞を受賞した。

EXOは14日午後、14日午後、京畿道(キョンギド) 一山(イルサン) KINTEXで開かれた「第31回ゴールデンディスクアワード」授賞式でアルバム部門本賞受賞の栄光を手にした。

まず、SMエンターテインメントイ・スマン代表とスタッフ、両親、ファンに感謝の挨拶をしたスホは、「『ゴールデンディスクアワード』で賞をもらって4、5年になるが、もらう度に『ゴールデンディスクアワード』の賞が最も重い」と話を切り出した。

スホは続いて「実際この賞が一番重いようだが、その重さの分だけ熱心になるEXOになる」と話した。

セフンは中国語で「非常に嬉しく幸せである。(ファンの皆さんの) 苦労が多かったと思うし、感謝している。さらに努力するEXOになる。中国ファンの皆さんも新年にたくさんの福があることを願う」と挨拶し、中国のファンまで配慮し感謝の気持ちを伝えた。

EXOは続いて、冬のスペシャルアルバムのタイトル曲「For Life」に続き「Monster」のステージを披露した。ステージではチャンヨルがピアノを演奏しながら歌を歌って目を引いた。