気持ち冷めるわ! 男子が彼女に送る「別れのサイン」6つ

写真拡大

心からずっと一緒にいたいと思うからこそ、ささいなすれ違いが許せなくてパートナーと大ゲンカし、「別れを一瞬考える」ことも多いですよね。そこでこんな別れを考える瞬間やきっかけについて、社会人男性に尋ねてみました。

(1)「考え方の違い」が明らかになった瞬間

・「冗談や気まぐれで言ったことに本気でキレられたとき。なんか違うな……と思ってしまった」(38歳/その他/その他)

・「物事に対するとらえ方に大きな違いがあると感じたとき。一緒にいることが苦痛、または退屈と思うようになった」(39歳/情報・IT/技術職)

よくよく考えれば人間なんだし違うのは当然なのですが、それがパートナーだと許せなくなるのは不思議……ですよね。一緒にいられなくなるほどの苦痛を感じる瞬間です。

(2)ふとした瞬間に「この人じゃない」と感じる

・「ある日ふと一人になりたい願望が沸き起こる瞬間があり、何かのきっかけがあるというものでもない場合が多いと思う」(36歳/その他/クリエイティブ職)

・「好きじゃないかも?と思った瞬間。なんでそう思ったのかはわからないけど、一瞬だけそう思って、好きじゃないなら一緒にいるだけ無駄?とか考えてしまった」(37歳/その他/専門職)

また自分でも別れを考え出すきっかけが、よくわからないという男性も。本能的に感じる「この人じゃないと感じる勘」みたいなものは、理屈では説明が難しい!

(3)自分の扱いが雑だなと感じたとき

・「遊園地で些細なことでケンカしたときに、彼女に植え込みの中に突き飛ばされすり傷だらけになった」(38歳/その他/販売職・サービス系)

・「以前と比べて自分の扱いが雑になったなと感じたとき。もう好きじゃないのかと思って」(24歳/金融・証券/事務系専門職)

ラブラブな時期が一通り終わると、女性がやりがちなのが「彼氏を雑に扱うようになること」。安心感から出る行動なのですが、男性はやっぱり傷ついてしまう!?

(4)自分の非を絶対に認めないとき

・「自分が悪いのに被害者のように振る舞うとき。明らかに浮気と疑われるであろうことをしたのにこちらに逆切れしたとき」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「自分の非を認めず、かたくなにこちらが悪いと言い続けたとき」(38歳/情報・IT/技術職)

自分が悪いとわかっているのに、なぜかかたくなに自分の非を認めない女性、たまにいますよね。その非を認めたら、自分自身が心底嫌いになるせいでしょうか?

(5)束縛されると気持ちは逆に離れていく

・「好きという気持ちを強制された瞬間。自分の時間を拘束されたときに、気持ちは離れていきました」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「仕事で忙しくなかなか会う機会が得られないときに、あちら側から強引に会おうよと誘ってきて、無理だというと機嫌を損ねて連絡が取れなくなったりして面倒くさいとき」(39歳/その他/クリエイティブ職)

束縛好きな男性ももしかしたらいるのかもしれませんが、大半の男性はやっぱり束縛嫌い。行動を強制しても、逆に気持ちは離れていくだけ……です。

(6)一緒にいても話すことがなくなったとき

・「飽きたとき。話をしていて何も話題が出てこないときは別れを考えた」(23歳/医療・福祉/その他)

・「LINEやメールの返信が素っ気ないものになり、一緒に会っていても、どことなく、合わないと感じることが多くなったとき」(32歳/情報・IT/技術職)

お互いに違う方向を向いていると、話す話題がなくなり一緒にいる時間が無意味に感じやすいもの。パートナーと「ずっと同じ方向」を向き続けるためには一体どうすれば!?

<まとめ>

心から大好きなパートナーでも、別れを考えてしまうことはきっとあるはず。ずっと一緒にいたいなら、こんなときに「危ない!」と感じて二人の関係を調整していけるかどうか、がカギなのかもしれませんね。恋愛は思っているよりずっと難しい!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数394件(22歳〜39歳の働く男性)