手相とは、手のひらに入った筋や、肉づき、皺などで性格や運命を読み解く占いのことです。

手相から、あなたの婚期を知ることができれば、思い切ってゴールインする勇気も湧いてきますよね。そこで今回は、占い師の筆者が手相において重要な線のひとつ「結婚線」から、婚期を簡単に見抜く方法をご紹介していきます。


■1:結婚線から上向きの線が太陽線と合流…まさに結婚は今!攻めの姿勢で

結婚線から出た上向きの線が、中指から真下に走る太陽線と合流する場合は、有名人やイケメン、経営者との結婚を暗示しています。今動けば、お金にも名誉にも恵まれた幸せな結婚を掴めるでしょう。

また、太陽線の上部先端に*印のような形の模様「星」(別名・幸運の星)が出ている場合、運気は最強。思いもかけないような幸せが訪れます。今までツイていなかった人も、積極的に攻めの姿勢に転じましょう。

 

■2:健康線が一文字にハッキリ刻まれている…もうすぐ理想の結婚が近づいている予兆

手のひらの中央下部から小指に向かって伸びる線「健康線」が一直線にハッキリ刻まれている場合は、健康的な魅力に満ちていることを暗示しています。人当たりの良さが幸運を呼び寄せるタイプと言えるでしょう。あなたの朗らかさに、スポーツマンタイプの異性が引き寄せられそう。価値観が合えば、スムーズに結婚へと運んでいくはず。

また、アゲマン的な要素が強い相でもあるため、生活面での苦労もあまりないと言えます。

 

■3:結婚線の近くに細かい格子状がある…結婚まであともう少し。焦らずに

結婚線の近くに、細かい線がタテヨコの格子状になっているのは、なかなか結婚につながらないことを暗示しています。結婚まで焦らず時間をかけて進めていく姿勢が大切と言えます。

また、結婚線の周囲がほんのり赤く色づいてきたら、結婚の時期が近づいているサイン。ただし、結婚線の先端(薬指に近い部分)が縦線で遮られている場合は、今すぐには結婚にいたらない可能性が高いと言えるでしょう。

 

■4:結婚線の先端が短い縦線で止まる…まだ結婚の時期ではないかも

結婚線の先端が短い縦線で止まっているのは、まだ結婚の時期ではないことを表しています。結婚を考える相手がいても、親の反対など何らかの障害で結婚できない状態かもしれません。

ただし、結婚線に勢いがあって、縦線を貫いていれば、障害を乗り越えて結婚できるでしょう。また、縦線が消えれば、結婚は順調に進むはずです。手相の状態を、こまめにチェックして確認しましょう。

 

手相には様々な情報が刻まれています。もちろんその中には良い相だけでなく、良くない相もあります。

しかし、手相は生き方や環境でどんどん変わっていくもの。今の自分がどんな状況に置かれているのかを知り、「結婚」というゴールインを見据えて動いていけば、きっと良い結果がもたらされるでしょう。最終的に決めるのは、あなた自身の意思。最後は手相に一喜一憂せずに、自分を信じてみましょう。(脇田尚揮/ライター)

【画像】

※ 1枚目:Nastya Dubrovina/shutterstock

※ 2枚目:(c)Nosh

【関連記事】

※ 12星座別「2017年恋がうまくいく」相性ランキング!第2位の蠍座×魚座は…

※ 【12星座別】2017年の金運ランキング!2位の牡羊座は謙虚でいれば…

※ 【12星座別】2017年の恋愛運ランキング!2位の蠍座は過去の恋を…

※ 血液型別「2017年恋が成就する女子」ランキング!2位のB型はハプニング満載

※ 血液型【恋のライバルにしたくない女子】ランキング!2位のB型はタチの悪い相手…