重っ……。「愛してる」と言われた女性の反応・6パターン

写真拡大

恋愛ソングや恋愛ドラマで定番の、「愛してる」というセリフ。実際に耳にする機会は、さほど多くはないのかもしれません。「好き」はあっても「愛してる」となると……特別感がちがいそう。照れ屋な日本人男性とお付き合いをする女性たちの中で、「愛してる」と言われたことがある方はどれくらいいるのでしょうか。早速調査してみました。

Q.「愛してる」と言われたことがありますか?

「はい」……63.0%

「いいえ」……37.0%

「はい」と答えた女性は意外と多く、6割以上となりました。「ある」と答えた方にそのときの気持ちを教えてもらいました!

■ドッキドキ!

・「とてもうれしかったし、心からの言葉だとわかったので感動した」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「特別感があってドキドキした。『好き』とは次元がちがうので、愛の大きさを感じた」(30歳/機械・精密機器/営業職)

女性の心を理屈なしでドキッとさせるのが、「愛してる」のひと言なのでしょう。一生懸命伝えてくれたことがわかると、感動してしまいます。

■プロポーズとともに

・「結婚する前に旦那に言われてプロポーズされてうれしかったから」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

さらに女性たちの心をときめかせてくれるのが、プロポーズとセットの「愛してる」です。一生に一度の特別な瞬間! 女性の中の迷う気持ちを吹き飛ばす効果も期待できそうです。

■別れ話からの……

・「ケンカして別れ話になったけど、『やっぱり○○(私)の笑顔が好き。愛しているよ』と言われたこと」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

別れ話からの起死回生を狙うときにも、「愛してる」は効果的なのかも。「好き」以上の気持ちを、彼女のもとへと届けてくれることでしょう。仲直りのキスは、気持ちももっと盛り上がるのでは?

■重い言葉

・「正直、重いなと思ってしまった」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「単純にうれしかったです。愛っていい意味で重たいなと思いました」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

大切で特別なひと言だからこそ……「好き」にはない重さを秘めた言葉でもあるのでしょう。自分の気持ちが高まっていないときに言われると、正直苦痛になってしまうのかもしれません。

■とっておきでお願いします!

・「あまり言われすぎると真実味がない」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「日常的に言われているので、慣れてしまった」(33歳/学校・教育関連/技術職)

照れ屋な日本人男性にはハードルが高いひと言ですが、中には連発する方もいるよう。もしかしたら、女性の関心を得るためのテクニックなのかも……!? 少し警戒する必要もありそうですね。

■実はあまり……!?

・「愛してると言われてもそこまで感動しない。好きとかかわいいとか言われたほうがうれしい」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「別にな〜と思う。家事してくれたりとかのほうがうれしい」(30歳/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)

女性にとってあこがれのひと言かと思いきや、実はこんな意見もちらほらありました。何回も言われると真実味を感じられないからこそ、普段は言葉以外の行動で、「愛してる」を伝えてほしいです!

■まとめ

「愛してる」と言われた経験がある女性の意見はいかがでしたか? まだ言われたことがない……という女性たちも、いつかその瞬間が訪れるかもしれません。楽しみに待っていてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月6日〜2016年12月26日
調査人数:100人(22〜34歳の働く女性)