UP10TION ウシン側、I.O.I ソミとの間に広まったセクハラ問題に対し「悪質なネットユーザーには法的な対応をとる」

写真拡大

UP10TION ウシン側が虚偽事実の流布に対して強硬対応に出る。

14日、ウシンの所属事務所であるTOPメディアは公式の報道資料を通じて「昨年、12月24日『THE SHOW』のTwitterに公開されたウシンとソミのクリスマスメッセージ映像に関して、ポータルサイトやSNSなどに、悪意的な編集物で虚偽事実を流布し、持続的にデマを拡散する掲示物、人身を攻撃する掲示物とコメントなどについて法的な手続きを行っている」と明かした。

続いて、「当時、『THE SHOW』の制作陣やMC、当事者、双方の事務所が事実を確認し、明白に公式の告知を発表したにもかかわらず、弊社のアーティストを侮辱し、名誉を毀損する書き込みが継続して流布されていて、弊社は悪意的な編集物、誹謗を目的に作成された書き込みについて、虚偽事実流布および侮辱罪の告訴手続きを終えた」とつけ加えた。

また、「問題になった動画についても、撮影の角度のため発生した誤解だということを立証する資料として、法映像分析研究所(ファン∙ミング博士) に動画の分析を依頼し、分析の結果に関する意見書を提出した」と強硬な対応を取ることを示唆した。