ノバク・ジョコビッチ(左)と錦織圭(右)【写真:Getty Images】

写真拡大

17年グランドスラム初戦、本命は過去6度Vジョコビッチ

 テニス界にとって2017年最初のグランドスラムとなる全豪オープンが現地時間16日に開幕する。かつての絶対王者ロジャー・フェデラー(スイス)が一時の休養を経てグランドスラム出場を果たすなど、世界的にも注目度が高まる中、オーストラリア紙「ヘラルド・サン」電子版は同大会の展望記事を掲載している。果たして、錦織圭(日清食品)の評価は――。

 現在、男子テニスはノバク・ジョコビッチ(セルビア)とアンディ・マレー(英国)が世界ランキング1位を熾烈に争う構図となっているが、同紙が推したのはジョコビッチだった。

「ジョコビッチは世界ランク1位でトーナメントに臨まないかもしれないが、彼は通算7度目となる同タイトルを掲げる本命であることは確かだ」と、過去6度全豪を制した実績を重視。また「彼がカタール同様のプレーをオーストラリアで見せれば、負かすのは非常に困難だろう」と、マレーを破って連覇した現在の調子もプラス要素に置いた。

 そのジョコビッチに敗れたマレーだが、対抗馬の第1候補に挙げられている。「マレーが男子テニス界のトップに上り詰めたのは偶然ではない。このスコットランド人選手は2016年最後の数か月、誰にも止められなかった」と充実ぶりを評価。計5度の準優勝に終わり、悲願となる全豪制覇へ「彼自身、セカンドサービスの改善が生命線になると信じている」と、具体的な課題も記している。

対抗馬に挙がる錦織、しかし「疑問があるとすれば…」

 マレー以外に対抗馬として名前が挙がっているのは、世界ランク3位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、そして錦織だ。

「最高の状態の彼は、世界のどんなプレーヤーとも遜色がない。しかし、ケイ・ニシコリに対する疑問があるとすれば、7試合続けて同じレベルでの試合をこなせることができるかどうかだ」

 こう述べた上で、昨年の全米オープンでマレーをフルセットの末に下して能力の高さを見せながら、次の準決勝でワウリンカに敗れたことを例に出し、体力面の課題を指摘。その一方で「過去5年、全豪で2週目に進んでおり、メルボルンで力強い経歴を持っている」と全豪での相性を強みに挙げた。

 マレーやラオニッチ、錦織といった対抗以外にも“可能性あり”という欄で、フェデラー、そしてラファエル・ナダル(スペイン)といったかつてのNO1プレーヤーも紹介。またニック・キリオス(オーストラリア)も地元勢の期待の星として取り上げられた。

 錦織は勝ち上がれば4回戦でフェデラー、準々決勝でマレーと戦う可能性が出る厳しい組み合わせに入った。対抗の評価を受ける中で、ベストの戦いを見せ続けられるだろうか。