生理中のデートで彼のために「女子がすべきこと」

写真拡大

彼氏と生理の話をもっと気軽にできたら、生理中のデートで突発的にイライラしたり、具合が悪くなったりすることにももっと理解が得られそうですよね。そこでデートで女性が生理になったとき、伝えてほしいと思うかどうかを社会人男性に尋ねてみました。

Q.デートのときに彼女が生理の場合、伝えてほしいですか?

伝えてほしい……58.7%
伝えなくていい……41.25%

今回のアンケートでは約6割の男性が「伝えたほうがいい」と回答。彼氏に生理だと伝えるのはなかなか勇気が入りますが、もっとフランクに話し合ったほうがいい? 詳しく聞いてみましょう。

■気分の変動があるはずだから、先に伝えておいてほしい

・「体調面もあるだろうし、ホルモンバランスとかの兼ね合いもあって、通常時よりも気分の変動が激しいから(理由が分かれば落ち着いて対処できる)」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

・「生理中は機嫌が悪くなる場合があるのでそれを知っていれば無駄にケンカせずに済むからです」(32歳/自動車関連/技術職)

男性にとって理解不能なのが、生理からくる気分の変動ですよね。事前にそれを伝えてもらえたら、慌てず「そういう日なんだ」と受け止めてあげられそう?

■プランが変わるから

・「今日はできるかもという期待を無駄に裏切られなくて済むから」(34歳/その他/専門職)

・「最終的に肉体関係をむすべるかどうかでその日のデートプランが決まるから」(32歳/運輸・倉庫/その他)

生理中かどうかでデートのプランも変わるもの。特別な記念日にデートするなら、あらかじめ伝えておいたほうがいいのかもしれませんね。

■言ってくれたら体調を気遣ってあげられる

・「無理をさせないように男性側が気遣う必要があるから」(33歳/不動産/営業職)

・「言いにくいことだけど体調を気遣えるし無理をすることもなくなるので」(33歳/その他/その他)

人の体調不良は言われない限り、なかなか気づかないことも多いですよね。生理痛がひどい人ほど、彼氏とは生理の話をできるようにしておきたい!

■彼女の体調面の情報は共有しておきたい

・「体調が悪いときは共有してほしいから」(34歳/情報・IT/技術職)

・「生理痛があるのを男性側は把握しておくべきだから」(31歳/建設・土木/技術職)

毎月訪れるからこそ生理痛がどの位ひどいのか、体調がどの位悪くなるのか共有しておきたいという男性も。この先ずっと一緒にいるなら大事な情報ですよね。

■言わないほうが男性は頑張れる?

・「体調が悪いと言うべき! 若干引くから」(29歳/印刷・紙パルプ/販売職・サービス系)

・「するまで言わないほうが男性は頑張ります」(28歳/情報・IT/営業職)

一方で生理の話は生々しく若干引いてしまうという男性や、言われないほうが期待が続いて頑張れるという人も。生理の受け止め方は男性によっても変わるよう。

■体目的だと誤解されたような気になる

・「毎回『今日生理』と言われると、こっちがそれ目的でしか見てないのではと捉えられているのではないかと思う」(29歳/医療・福祉/その他)

・「別に毎回毎回、体目的でデートしているわけではないため」(29歳/運輸・倉庫/技術職)

また女性から生理を打ち明けられると、「体目的でデートに誘った」と誤解されていないか心配になるという男性も。体調が悪くないなら黙っておくのもアリ?

生理の受け止め方は男性それぞれですが、多くの男性は「もっとフランクに話してほしい」と考えているよう。それだけ生理中の彼女の言動に悩んだり迷ったりすることが多いのかもしれませんね。付き合いが長くなってきたら、そろそろこの話をするタイミングかも?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年10月にWebアンケート。有効回答数203件。25〜34歳の社会人男性)