Twitterでアカウントを作成すると、通常では自分のツイートは誰でも見られる状態になっています。
しかし、誰でも簡単に見られるのっていつどこで誰が見ているのか分からず不安ですよね。

そんなときに役立つ機能がTwitterにあることを知っていますか?
この記事では「自分のツイートをフォロワーだけに公開する方法」を紹介します。

これで知らない人に自分のツイートを見られることもありませんよ!

ツイートをフォロワーだけに公開する方法

Twitterのアプリを起動して、プロフィール画面から設定を開きます。


© Twitter, Inc.

【プライバシーとセキュリティー】から【ツイートを非公開にする】をオンにします。


すると自分のアカウントに鍵マークが付き、第3者が見たときに「このアカウントのツイートは非公開です。」と表示されます。これで知らない人に勝手に自分のツイートを見られることがなくなりますよ。


フォロー申請がきたら承認しよう

非公開アカウントでは、フォロー申請を承認しないと知らない人が自分のツイートを見ることができません。
そのため申請がきたら確認して承認する必要があります。

プロフィール画面に【フォローリクエスト】が表示されるのでタップしてください。


フォローリクエスト一覧から許可するのか、しないのかを選択できます。見られたくユーザーの場合は、許可しないこともできるので安心ですね。