SamsungがiPhoneのデザインを盗用した、とAppleが訴えて始まった訴訟は、昨年12月の米連邦最高裁判所の判断を受けて、連邦巡回控訴裁判所での法廷闘争が始まりました。

5年前にApple勝訴のデザイン盗用裁判、Samsungの減額要求で長期化

SamsungがiPhoneのデザインを盗用したことで損失を被った、としてAppleが訴訟を起こした裁判は、2012年にAppleが勝訴し、Samsungは10億ドル(現在のレートで約1,145億円)以上の支払いを命じられたものの、Samsungは判決を不服として減額を求め、2015年には5億4,800万ドル(約624億円)の支払いで一旦合意したものの、Samsungは直後に賠償金の減額を申し立てています。
 
昨年12月に米連邦最高裁判所は、Samsungの「デザインの一部に盗用があったからといって、製品売上の全額を賠償する必要はないはずだ」とする主張を認め、連邦巡回控訴裁判所での審議を命じていました。

昨年はポール・スミス氏ら著名デザイナーら111人が連名でApple支持の意見書

AppleとSamsungのデザインをめぐる訴訟については、昨年10月に連邦最高裁判所での審議が始まるのに先立ち提出されたAppleを支持する意見書が注目を集めました。
 
意見書は、ポール・スミス氏やカルバン・クライン氏といった著名ファッションデザイナーのほか、工業デザイナー、学識経験者ら111人が連名によるものです。
 
Samsungが裁判資料として提出した図に判断をミスリードするものがあると指摘したほか、製品デザインの重要性を説く内容でした。

 
 
Source:AppleInsider
(hato)