コレでしょ! いい男の代名詞だと思う「アイテム」6つ

写真拡大

「いい男」の定義は、イケメンだったり仕事ができる人だったり、人によってさまざま。でも、見ているだけで素敵だなと思える人は、その人が身に着けているアイテムにも魅力が感じられそうですよね。今回は、女性から見て「いい男の代名詞」にもなるアイテムについて聞いてみました。

■こだわりの時計

・「腕時計。いい時計を着けている人は、時間管理ができて、よりステキな時間を過ごせそうだから」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「こだわりのある時計。趣味があらわれるから」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

男性のこだわりが出るアイテムのひとつが時計。最近はスマホで時間を見る人も少なくありませんが、センスのいい時計をつけている人を見ると、おしゃれだなと思う人も多そうですね。

■手入れされた靴

・「靴。靴のお手入れがしっかりしているかで、いい男かどうかわかる」(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「手入れの行き届いた靴。靴は顔だから」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

長く履いていても型崩れや汚れのないきちんと手入れされた靴を履いていると、細かい部分にまで気を使える男性だと思えそう。足元まで手抜きしないのが「いい男」の証拠かもしれませんね。

■カッコいい車

・「外車。お洒落でカッコいいから。これに乗ってる男は大概いい男に思える」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「車。大人の男性らしいカッコいい車が必須」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

車は男性にとって一種のステイタスでもありそうですが、高級車やカッコいい車に乗っているだけでいい男に見えるという女性も。車が趣味というとお金がかかりますが、いい男でいるための必要経費でもあるのかもしれませんね。

■シワのないハンカチ

・「ハンカチ。シワのないハンカチを持っているといい男に思える」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「ハンカチやティッシュなど身だしなみに関する小物」(23歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

ハンカチ自体を持ち歩いていない男性も多い中、きちんとアイロンがかかったシワひとつないハンカチを持っている男性はかなり好印象。人に見せるものでなくても手抜きしないところが好感度アップの理由でしょうか。

■質のいいスーツ

・「質のいいスーツ。素敵な人はスーツにこだわっているから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「特注品のスーツ。世界にひとつだけのスーツはいい男の証です」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

働く男性にとっての制服とも言えるスーツ。最近は安いものも多く出回っていますが、サイズが微妙に合わなかったりするとカッコ悪いですよね。自分に合った質のいいスーツを着ているとそれだけで素敵に見えそうです。

■センスのいいバッグ

・「バッグ。ブランドや値段じゃなくセンスが出るから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「バッグ。普段持ち歩くもので見えやすいので」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

高いブランドバッグでなくてもその人の雰囲気に合っていればおしゃれに見えるバッグ。オンとオフでバッグを使い分けるなど細かい部分にまで気を使える男性は、いい男と言っても良さそうですね。

■まとめ

洋服や小物などいい男が身につけていそうなアイテムはいろいろありますが、みなさんはどのアイテムがいい男の代名詞になると思いますか? センスがわかりやすい部分、こだわりを知ることができる部分だけに女性たちはしっかりと男性の持ち物などをチェックしているようです。身の回りのものすべてに自分らしさを感じさせるものを置くというのが、女性に「いい男」だと感じさせるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月13日〜2017年1月4日
調査人数:119人(22〜34歳の社会人女性)