「大富豪エピソードの猿マネは危ない」と語る、高田氏

写真拡大

 ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェット、柳井正、孫正義。いずれも言わずと知れた有名企業の創業者であり、世界的な大富豪だ。そんな大富豪の自伝や伝記から、彼らの成功の秘訣をまとめた『大富豪の伝記で見つけた 1億稼ぐ50の教え』(サンクチュアリ出版)が話題だ。

 今回、同著の著書にして、成功データアナリストの高田晋一氏に、大富豪に共通する成功を導くための哲学や習慣を聞いた。我々ビジネスパーソンが明日にでも実行可能な成功をつかむためのカギとは――――

――本題に入る前にまず伺いたいのですが、そもそも成功哲学に関する統計やデータを集めるようになったきっかけは?

高田:小さい頃からとにかく何かを調べたり、本を読んで、分析したりするのが好きでした。今は本業でもB to Bで、さまざまなクライアントが抱えている課題や問題点を分析、調査しているのですが、ある時、これをB to Cに活かせないかと思ったんです。

 書店に行くと、自らの成功体験談を綴ったたくさんの自己啓発書が並んでいますよね。でもこれって、自称・成功者たちが客観的な根拠もなく、自らの経験の域を超えないまま語っているだけで、どうしても胡散臭く映っちゃう(笑)。それなら、自分のほうが統計データなどに基づいて、もっと客観的で誠実なアプローチできると思い、始めました。

――成功の統計データはどうやって集めているのですか?

高田:成功についての統計データ自体は、世の中に大量に溢れているのですが、サンプル数が少なかったり調査方法が曖昧だったりと、実際に使えるデータはそれほど多くないんです。主に参照しているのはハーバード大学、スタンフォード大学などの学術研究家が書いた専門書ですね。あとは、バトラー・ボードンという自己啓発研究者の著書に『世界の自己啓発の名著50』というシリーズがあるのですが、それをリスト化して、邦訳されているものから一冊ずつ読んで、データやフレームワークに落としています。

 ただ、そこでも取り上げられていない新しめの本については、池袋のジュンク堂書店など地元の大型書店にある自己啓発書の棚を定期的にチェックしています。そこで買い求めたり、たまに図書館で借りても読んだりしていますね。

――では、そんな大富豪に共通する要素とはなんでしょうか?

高田:本書では大富豪1人1人の伝記から彼らにまつわる50の「教え」を紹介していますが、共通するポイントは主に7つに分類できます。

1.大好きなものに没頭しよう

 まず1つ目は大好きなものを仕事にしている。たとえば「投資の神様」と呼ばれるウォーレン・バフェットは、幼い頃から数字が好きで、聖書で最も多く使われている文字を数えたり、賛美歌の作曲者の寿命から信心深さと寿命の相関関係を調べたりしています。また、これは有名な話ですが、スティーヴ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグは同じ服を何日も着回して、好きなことや自分の仕事以外にかける時間を極限まで減らしています。

 成功するための要因のひとつに「1つの物事をできる限り長く続けている人ほど成功しやすい」があります。常識的に考えて、同じ仕事であれば、多く時間や労力をかけている人のほうが成功しやすい。好きなことであれば、なおさら続けやすいでしょう。

2.敵や抵抗者は全力で叩き潰そう

 よく「金持ちけんかせず」と言いますが、実際は真逆で、大富豪ほど負けん気が強く、敵や抵抗者はガチで潰す人が多いです。たとえば「メディア王」の異名を持つニューズ・コーポレーションのルパード・マードックは、同じく「メディア王」と呼ばれたロバート・マクスウェルを徹底的に嫌悪しています。