【詳細】他の写真はこちら

あっちでもこっちでも、エクササイズを楽しみたい!

Misfit(ミスフィット)といえば、毎日の健康を管理してくれるヘルスケア・トラッカーが定番商品。しかし最近はよりリッチな表示ができるスマートウォッチにも力を入れています。そんな同社が新たに発表したスマートウォッチ『Misfit Vapor』はGPS/心拍数計/フィットネスや睡眠トラッカーを内蔵した、まさに「全部入り」な逸品なんです。



『Misfit Vapor』はスマートフォンとBluetoothで連携し、1.39インチの円形タッチスクリーンにスマートウォッチ向けアプリケーションやフィットネスデータを表示することができます。さらに「バーチャルベゼル」機能により簡単にウォッチフェイスやアプリを操作したり、通知に反応したりできるんです。本体の充電は磁石式のクレードルに設置して行い、最大2日間の駆動が可能。バッテリー性能は、スマートウォッチとしてはまずまず悪くないレベル。



心拍数計などのフィットネス機能や、睡眠計などのヘルスケア機能も充実。一日中つけっぱなしにしておいて、運動から健康情報までさまざまなデータを収集できますよ。さらに、水泳中でも利用OK。最大水深50メートルまでの耐水性能を備えています。





『Misfit Vapor』の本体ケースは梨地加工のステンレスで、高級感も十分。またストラップを交換してのカスタマイズも可能です。本体カラーはジェットブラックとローズゴールドの2色で、2017年中にmisfit.comで199ドル(約2万3000円)での発売を予定しています。

スマートウォッチはまだまだ発展途上のプロダクトですが、この値段でこれだけ充実したフィットネス/ヘルスケア情報が得られる『Misfit Vapor』は、なかなかお買い得といえそうです。

文/塚本直樹

関連サイト



MISFIT

関連記事



6LEDで高精度な心拍計! スマートウォッチ化した『Polar M600』発売

ソニーのFeliCa対応スマートウォッチ『wena wrist』がBEAMSとコラボ。オシャレなの来た!

人体で発電! まさに「マトリックス」な充電不要スマートウォッチ