若作りキツすぎ! 「いい年してその格好って……」と思う女性の服装・6選

写真拡大

社会人になると学生時代に着ていた洋服が自然と似合わなくなり、選ぶ洋服のチョイスも変わってきますよね。ただたまには昔のような服装をしたくなるときも! そこで「いい年してその格好って……」と思う女性の服装について、社会人男性に教えてもらいました。

■ギャル系の露出ファッションはやめた方がいい?

・「シワシワの顔なのにギャル系の露出ファッション。後ろ姿との差に心底ガッカリする」(33歳/その他/専門職)

・「年配なのに若づくりしている。子どもと同じような格好をしている母親。年齢を考えたファッションをした方がいいと思うから」(32歳/情報・IT/技術職)

ギャル時代が懐かしくても、社会人になったらギャル・ファッションには手出し厳禁!? 大人の女性がこれを着ていると、男性にはかなり違和感があるよう。

■派手な色柄は選ばない方がいい

・「派手な色の服を着ている人は遠目から見ても目に付くし、もう少し場に合う格好な方がいいのではと思う」(29歳/医療・福祉/その他)

・「ハートが付いた服ばかり着ている人。こっちが恥ずかしくなるから」(33歳/自動車関連/技術職)

年をとるとなぜか派手な色柄の洋服に惹かれること、ありますよね。ただ派手な色柄は見た目年齢を引き下げてくれるどころか、かえって年齢が目立ちやすくなるとか。

■ミニスカートは大人の女性には似合わない

・「ミニスカート。さすがに三十歳近くなるときつい」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「ミニスカート。足を露出できるのは若いうちだけ」(28歳/その他/事務系専門職)

「もう履けなくなるかも」と思うほど執着心が出て、つい履きたくなるのがミニスカート。ただ大人になったら、もうすっぱりあきらめた方がいいという意見も!?

■子どもっぽい服装はだらしなく見える

・「キャラクターのシャツとかスエットは子どもじゃないんだからと思う」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「短パンにTシャツ、サンダルなどでウロウロと街に出かけている服装」(33歳/医療・福祉/専門職)

大人が子どもっぽい服装をしていると、若く見えるどころかだらしない印象に見えてしまうことが……。部屋着に見えてしまうのかもしれませんね。

■大人の生足見せはきつい?

・「ジーパンの穴が開いている。若々しく見せたいのかもしれないがさすがにきつい」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「アラフォーで生足見せ。失礼かもしれないが」(34歳/商社・卸/事務系専門職)

ミニスカートと同様、男性から見て痛々しく見えるのが「生足見せ」なのだそう。若々しく見せようとすればするほど、逆効果になりやすい?

■コスプレ系からは手を引くべき

・「ゴスロリファッションとかロリータファッションは若くないとかわいくない」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「コスプレで外に出るのはせいぜい20代前半までだと思う」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

コスプレ系の服装も年齢が目立ちやすい服装ですよね。大人になってからの服装は、TPOや清潔感を重視して選んだ方がいいのかもしれません。

「もうこの年では着られないな」と思う服装ほど、負けず嫌いな性格が災いして「まだまだいけるはず!」なんて手に取りたくなるもの。ただファッションでは無理をするほど年齢が目立ちやすい傾向に……。大人になったらやっぱり「年齢相応の服装」が無難!?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年9月にWebアンケート。有効回答数202件。25歳〜34歳の社会人男性)