アパホテルがなくて……袴田吉彦について語った千原ジュニアと大東駿介

写真拡大

 お笑いタレントの千原ジュニアが14日、大阪市内で行われた主演映画『劇場版 新・ミナミの帝王』の初日舞台あいさつに登壇し、先日不倫報道のあった共演者の袴田吉彦について「袴田さんも来られたら良かったんですけど、近くにアパホテルがないから来られないということで……」とボケてみせ、同じく共演者の大東駿介から「そんな理由と違うでしょ!」とツッコまれる一幕があった。

 本作は2010年から放送がスタートしたジュニア版ドラマ「新・ミナミの帝王」の劇場版。大阪・ミナミを舞台に活躍するトイチの金貸し萬田銀次郎をジュニアがクールかつ迫力満点に演じている。舞台あいさつにはジュニアに加え、銀次郎の相棒・竜一を演じる大東と、劇場版に出演している板尾創路、監督の瑠東東一郎が登壇した。

 大阪でのあいさつにあたりジュニアは、10代の頃に兄・千原せいじとミナミのアパートで同居していたころのエピソードを述懐。「アパートの屋上に上がると、昔ミナミにあった大阪球場の中が見えて。せいじと2人で尾崎豊のライブを見たり、野球見たりしてましたね」と若手時代を振り返ると、板尾も「ミナミはジュニアだけじゃなく、松本(人志)さんやキム(木村祐一)ともよくウロウロしていましたね」と大阪時代を懐かしんだ。

 そこで大東が「ジュニアさんがロケ地の近くでネタ合わせしている若い芸人さんを見つけて、マネージャーさんに“あいつらにコーヒーあげてくれ”って」と撮影中のエピソードを披露。ジュニアは「コーヒーおごった芸人がぜんぜん出てこないですね」とコメントし、場内を盛り上げた。(取材・文:スズキヒロシ)