シビック セダン プロトタイプモデル(左)、シビック ハッチバック プロトタイプモデル(右) (本田技研工業の発表資料より)

写真拡大

 本田技研工業(ホンダ)は13日、千葉県の幕張メッセで15日まで開催中の「東京オートサロン2017」で、新型「CIVIC(シビック)」シリーズの3モデルを公開。2017年夏に日本で発売する発表した。

 シビックは、1972年に発売されたホンダのグローバル基幹車の一つで、世界累計販売台数は約2,400万台。国内での販売に関しては、2011年に8代目モデルで終了していたが、昨年販売再開が発表されており、6年ぶりの発売となる。

 新型シビックは10代目となるモデルで、北米では2015年11月に発売されており、欧州や中国でも販売。2016年の北米カー・オブ・ザ・イヤーも受賞している。

 今回公開されたモデルは、「シビック ハッチバック」、「シビック セダン」、「シビック TYPE R(タイプアール)」のプロトタイプモデルとなり、日本では初公開となる。

 新型シビックシリーズは、新設計のプラットフォームを採用し、スポーティーかつ上質な走行性能を実現したほか、居住性、燃費性能、安全性能、デザイン性など、優れた性能を追求。日本仕様のシビック ハッチバック、シビック セダンのパワートレインには、力強い走りと高い燃費性能を兼ね備え、さらに高出力となった1.5L直噴VTEC TURBOエンジンを搭載する。

 生産に関して、シビック セダンは埼玉製作所 寄居完成車工場で、シビック ハッチバック、シビック TYPE Rは英国のホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッド(HUM)での予定されている。