ジュウオウジャーとニンニンジャーが揃い踏み!

写真拡大

『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージfromスーパー戦隊』の初日舞台挨拶が1月14日に丸の内TOEIで開催され、ジュウオウジャーとニンニンジャーのメンバーがハッピ姿でダンスを披露した。

【写真を見る】ジュウオウジャーとニンニンジャーがハッピ姿でダンス

本作は、スーパー戦隊シリーズの40代目にあたる「動物戦隊ジュウオウジャー」と39代目の「手裏剣戦隊ニンニンジャー」が共演する特撮アクション。この日は、「動物戦隊ジュウオウジャー」から中尾暢樹、柳美稀、南羽翔平、渡邉剣、立石晴香、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」から西川俊介、松本岳、中村嘉惟人、矢野優花、山谷花純、多和田秀弥が登壇。体調不良のため欠席となった國島直希からは、会場にメッセージが届けられた。

本作では、ジュウオウジャーのTVシリーズのエンディングダンスを、ニンニンジャーも一緒に踊る特別バージョンがエンドロールに収録されており、初日舞台挨拶のステージでもそのダンスを披露することとなった。両作のメンバーが一緒になって仲良く踊る姿に、会場からも歓声が上がっていた。

2月で最終回となるTVシリーズの「動物戦隊ジュウオウジャー」もクランクアップを迎えたそうで、中尾は「ニンニンジャーのみなさんを見ていると、『(宇宙戦隊)キュウレンジャー』という次の戦隊の姿もチラホラ見えているので。これからも続いていくと願っている」と切り出し、「僕も『ヒーローだったんだぞ』というのを、ずっと未来の自分の心の中にも想い続けたい。いつまでも子どもたちのヒーローになれたら。これからもずっと僕たちのことを覚えていてくれたうれしい」と未来を見つめた。

西川は「ニンニンジャーにとってこれが最後になるかもしれない作品だった。みんなで気合を入れて臨んだ作品」と心を込め、「みんなでステージ立てて幸せ」としみじみ。「戦隊をやっていた時期の一日一日をもっと大事過ごせばよかった。6人そろって同じ作品に出て、舞台挨拶に出られるのはすごいこと」と仲間を見渡した。「また個人個人の活動をしていくと思う。それも応援していただけたら」と訴え、会場から大きな拍手を浴びていた。【取材・文/成田おり枝】