自主回収するのは「セッチマはみがき スペシャル スタンディングタイプ 80グラム」の一部商品。製造ロット番号は個装箱底ふた部と、はみがきチューブのシール部に記載がある(画像はサンスターのウェブサイトから)

写真拡大

デンタルケア製品メーカーのサンスター(本社・大阪府高槻市)は2017年1月12日、歯みがき粉商品を自主回収すると発表した。

一部商品から、基準を超える数の微生物が検出されたためだという。

「歯をみがいても重篤な健康被害のおそれはない」

回収するのは「セッチマはみがき スペシャル スタンディングタイプ 80グラム」のうち、パッケージ記載の製造ロット番号が「20161115」「20161116」「20161221」「20161222」のもので、全国に約4万7000個出荷されている。

発表によると、出荷後の追跡調査で同社基準を上回る数の微生物が検出された。ただ、同社は「対象ロットのハミガキで歯をみがいた場合でも重篤な健康被害が生じる恐れはないと考えております」としている。発表時点で健康被害の報告もないという。

手元に該当商品がある場合、電話(0120-578020)かウェブサイトから連絡すればサンスターが回収に行き、後日代金相当のクオカードを送付して対応するという。