少女時代 テヨン「第31回ゴールデンディスクアワード」音源部門で本賞受賞“長く活動する良い歌手になる”

写真拡大

少女時代のテヨンがソロで「ゴールデンディスクアワード」のデジタル音源部門で本賞を受賞した。

13日午後、一山(イルサン) KINTEXで開かれた「第31回ゴールデンディスクアワード」では、デジタル音源部門の本賞にテヨンが名を連ねた。

「素敵な曲をくださる作曲家の方々に感謝申し上げたい」と話し始めたテヨンは「何よりも私たちのファンの皆さんがいなかったら、私は音楽活動をこれほどまでにすることはできるだろうか、と思ったりする。感謝の気持ちを忘れず、長く活動する良い歌手になる」と心境を表した。

この日の「ゴールデンディスク」のMCを引き受けた少女時代のメンバーソヒョンは「テヨン姉さん、本当におめでとう。昨年テヨン姉さんが忙しく活動した。良い成果を収めたようでうれしい」と愛情の込もった祝福の言葉を伝えた。