東京オートサロンのスバルブースで注目の一台が、BRZ STI Sport CONCEPT。参考出品車として出展されていますが、反響次第では市販化も視野に入れているそうです。

1

気になる装備は、GTグレードをベースにしているので、もともと充実した装備となっていますが、STI Sport CONCEPTの持つ上質さを専用の内外装から感じ取ることができます。

まず、エクステリアですが、フロントマスクは昨年のマイナーチェンジでフルLEDのヘッドランプを採用したことで、フォグランプを補うほどの光量を確保しているとのこと。STI Sportでは、その点を加味してフォグランプを廃止。これによりベースモデルの横桟形状のガーニッシュからメッシュ形状へ変更。飛行機の翼をモチーフとしたウイングレットをより強調したデザインとなっています。

サイド部分ではサイドフィンに専用ガーニッシュを装備。STI Sport CONCEPTでも標準モデルと同様の2本フィン形状を採用している理由は、空力効果の高いデザインだったので、それを活かしてSTI Sport CONCEPT用のデザインとしたそうです。

リヤスポイラーは標準モデルのデザインと同一としながらも、台座と翼端板をグラスブラック仕上げとしています。標準モデルではボディ同色となっており、細かな部分からも上質なイメージを感じさせる仕上げとなっています。

リヤのエンブレムはリヤスポイラーに合わせてBRZ GT イエローエディションでも採用されたブラックタイプを採用。リヤまわりの統一感も抜群です。

インテリアに目を移すと、レヴォーグ STI Sportでも好評のボルドーレッドのインテリアとなっていますが、注目はシート表皮がレザーではなくウルトラスエードとなっている点。エンジニアの話によれば、スポーツカーであるBRZはコーナリング時に滑って乗員の姿勢が崩れてしまうことを避けるため、あえてレザーにしなかったそうです。

このウルトラスエード表皮にもこだわりがあり、パンチング部分からボルドーのカラーがワンポイントとして見える工夫がされています。この色合いを視覚的に強調するために、パンチ穴を従来のものより大きくしているそうです。

インテリアカラーの次に目をひくのが、専用デザインのメーターパネル。STIロゴだけでなく見やすさを重視し、目盛りの細かさなどもベースモデルと違いを出しているそうです。

ステアリングの加飾もダーク系の専用品となっていますが、これはメーターに視線を引きつけるための工夫で、シルバー系の明るめの色より、ダーク系とすることで、視界に余計な情報が入らないようにしているそうです。

こうした理由から、ドアグリップの加飾はシルバー系となっているのも納得です。

参考出品車でありながら細部まで作りこまれたBRZ STI Sport CONCEPT。同一のシリーズとしながらも、レヴォーグのSTI Sportとはまた違った仕上がりにスポーツカーらしさと上質さを兼ね備えたモデルとして、是非登場に期待したい一台です。

(井元 貴幸)

【東京オートサロン2017】BRZ STI Sport CONCEPTをどこよりもマニアックに徹底チェック!(http://clicccar.com/2017/01/14/435591/)