安藤忠雄が世界で手がけた「夢の邸宅」5選

写真拡大

「私の建築家としての経歴は、個人宅の設計から始まっています」と語るように、安藤忠雄の実質的なデビュー作となったのは、「住吉の長屋」(1976)だった。その後、海外で初めての住宅設計となったアメリカの実業家のための「シカゴの住宅」(97)メキシコの資産家のための「モンテレイの住宅」(2011)など、それぞれの国でクライアントと共に作り上げた、夢の邸宅を紹介する[関連:世界の富豪たちが安藤建築に託す夢]。

HOUSE IN CHICAGO
シカゴの住宅
ad
シカゴの都心に近い閑静な住宅街に位置する。細長い敷地に沿って緑と水庭に囲まれた伸びやかな居住空間をつくり出している。南北の2つの棟を長いデッキとスロープでつなぐ構成になっており、南(右)側の棟は、依頼主の家族のためのプライベートスペースで、北(左)側は2層吹き抜けのエントランスホールとゲストルームなどのパブリックスペース。

null
2棟の間をつなぐ2階にはデッキテラスを架け、西(下)側の外を水庭とし、そこに面したテラス下のスペースを住まいの中心となるリビングルームとしている。棟の一部に円弧状にかきとる壁があるのは、依頼主のリクエストだった古いポプラの樹をそのままのかたちで残すために設えたものだ。写真は水庭越しに見る建物。(アメリカ合衆国、シカゴ1992〜97)。写真/新建築社 Sketch/Tadao Ando

HOUSE IN MONTERREY
モンテレイの住宅
aaa
メキシコ・モンテレイ市街を見下ろす山間にある延床面積1500屬梁臈‖陝深い樹木に囲まれた住居は、3層からなるロ字型とZ字型を組み合わせた構造で、最上階が長いアプローチとエントランス及びそれにつながるギャラリー。2階はゲストルームやゲスト用のダイニングルームなどのパブリックスペースが配置され、1階は家族の寝室やキッチン、リビング、ダイニングルーム、ライブラリーなどがあり、テラスとプールにつながっている。


敷地が斜面になっていることから、建物は地形に沿って軸をずらしながらセットバックしていく構成になっている。写真は、南側の外観からプール越しに見た建物。(メキシコ、モンテレイシティ2006〜11)。写真/小川重雄  Sketch/Tadao Ando

ROW HOUSE IN SUMIYOSHI
住吉の長屋

低層木造家屋のひしめく大阪の下町の一角にある3軒長屋の中央の1棟を切り取って、コンクリートのボックスを挿入。中庭をはさんで1階は居間と食堂、台所、浴室、2階は子供部屋と寝室、それぞれの空間はブリッジと階段で結ばれる。玄関のある通路側のファサードは壁で閉じたが、住居の中心部に中庭を据えることで、各部屋に光や風が入り込む構造になっている(大阪市1975〜76)。

INVISIBLE HOUSE
見えない家

建物の半身を地下に隠すことから「見えない家」と呼ばれるこの住居の内部には、さまざまなタイプの中庭や光を取り込むための建築的操作が施されている。まさに地中の迷宮空間である。地下2階のリビングルームは、高さ6mの天井の吹き抜けになっていて、プライバシーを確保しながら、大きなガラス窓から光が入り込む。周辺には建物を幾重にも囲うように樹木が植えられ、静寂な環境を保っている。(イタリア、トレヴィノ1999〜2004)。

PENTHOUSE IN MANHATTAN
マンハッタンのペントハウス

1912年に建てられたニューヨークの高層ビルの上層部にペントハウスを増築。12階建てのビルの最上階を生活空間とギャラリーを備えた主階とし、リビングかららせん階段を上がると、ガラスで囲まれたペントハウスにつながる。そのペントハウスを貫いてフランス人アーティスト、パトリック・ブランによる「緑の壁」が伸びる。四季を通じてマンハッタンの絶景を満喫できる特別な場所となっている。(アメリカ合衆国、ニューヨーク1996〜)。