写真提供:マイナビニュース

写真拡大

幕張メッセで開催中の「東京オートサロン2017」にて、マツダは限定色「クラシックレッド」を塗装した4代目「ロードスター」を公開した。同車は2月28日まで期間限定販売され、1月13日から全国のマツダ販売店を通じて予約受付を開始している。東京オートサロンでは新型「CX-5」や「ロードスター RF」などのモデルも出品された。

限定色「クラシックレッド」は、初代「ロードスター」を世界初公開した1989年2月のシカゴモーターショーにおいて、メインカラーとして披露したボディカラー。今回、4代目「ロードスター」へ設定されることになり、最新の水性塗装技術「アクアテック塗装」で「クラシックレッド」を忠実に再現している。

「アクアテック塗装」とは、塗装工程の革新により、塗料やエネルギーなどの資源効率を飛躍的に向上させ、トレードオフの関係にあるVOC排出量とCO2排出量の同時削減を実現した同社独自の水性塗装システム。限定販売にあたり、「ロードスター」主査兼チーフデザイナーの中山雅氏は、「『ロードスター』が歩んできた27年間分の感謝の想いを込めるとともに、積み重ねてきた歴史を資産として大切にし、クルマ文化を育んでいくために同カラーの復刻に挑戦した」とコメントしている。

東京オートサロンのマツダブースでは、「クラシックレッド」塗装の4代目「ロードスター」の他にも、12月に国内初公開された新型「CX-5」、12月22日に発売された「ロードスター RF」を出品。「CX-5」「ロードスター RF」「デミオ」「CX-3」のカスタマイズモデルや、「GLOBAL MX-5 CUP」仕様の「ロードスター」も参考出品されている。「東京オートサロン2017」は1月15日まで幕張メッセで開催される。

(木下健児)