豪華だな!「Doughnuts Hole」のメンバー
 - (C)TBS

写真拡大

 17日から始まるドラマ「カルテット」の主題歌「おとなの掟」を、同ドラマの出演者である松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平の4人が番組限定ユニット「Doughnuts Hole」を結成して歌っていることが発表された。TBSの火曜よる10時のドラマ枠で、“恋ダンス”が話題となった「逃げるは恥だが役に立つ」の次の作品として放送される同作のために、4人が歌う楽曲を椎名林檎が書き下ろしている。

 「最高の離婚」(2013)、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(2016)などの人気脚本家・坂元裕二が手がけ、松と満島が初共演を果たした本作は、冬の軽井沢が舞台。ある日「偶然」出会った夢破れし男女4人の楽器演奏者たちがカルテットを組むことになり、軽井沢で共同生活を送ることになる。しかしその「偶然」には大きな秘密が隠されていて……。

 今回の発表に際して椎名は、「キャストのみなさんがそれぞれ担当される弦楽器を猛特訓中と伺い、作曲時に4人分の弦楽パートもご用意してしまいました」と少し勘違いしていたことを報告。ラッパーのMummy-D(Rhymester)が本ドラマに出演していることに触れ、「本来なら冒頭32小節くらい彼の時間として書くべきでした。ごめんなさい」と謝りつつ、「みなさん本当にかっこよく唄ってくださり、しあわせです」と俳優陣による歌唱に満足した様子を見せている。

 豪華メンバーが集結して劇中で弦楽器によるハーモニーが奏でられる本作では、4人が歌声をのせた主題歌にあわせて撮り下ろされた映像がエンディング映像として流れる予定だ。(編集部・海江田宗)

連続ドラマ「カルテット」(毎週火曜夜10:00〜10:54)は1月17日よりTBS系で放送(初回15分拡大)