「GDR155 (AEROX155)」(2017年インドネシア仕様)(ヤマハ発動機の発表資料より)

写真拡大

 ヤマハ発動機は13日、スクーターの新製品「GDR155」をアセアン地域における戦略モデルとして開発したと発表した。ベトナム向のモデルは「NVX」、タイ向けは「AEROX」としてすでに2016年12月から発売しており、インドネシアでは3月に発売するなど、今後アセアン各市場に導入する。

 「GDR155」は、スタイリッシュなフォルムとスポーティな乗り味を調和させ、上昇志向の25〜30歳男性をターゲットに開発。155cc水冷『BLUE CORE』エンジンには始動用動力と発電を兼ねる同社初のスマート・モーター・ジェネレーターを織り込み、静かな始動性を実現するとともに発電ロス低減を図った。

 ボディは、116kgの軽量を実現してスポーティな走行性を助ける。デザインは、高い運動性能と上質感を表現。標準モデルに加え、サブタンク付きリアサスペンションとウエーブ形状フロントディスクを採用した「Rバージョン」、ストップ&スタートシステム、スマートキー、ABSを採用した「Aバージョン」を設定している。

 生産はベトナム、タイ、インドネシアの各工場で行い、国ごとに嗜好を取り入れたカラーとグラフィックを展開し、異なる仕様のバリエーションを各国別に展開する。アセアン圏内にて、発売から1年で27万台の販売を計画している。