男同士でキスする間柄に!同姓同名というだけで親友になったふたりの男性がステキ!

写真拡大

自分の名前をインターネットで検索したことのある人は、結構いるかもしれない。自分の過去の記録や同姓同名の人を見つけるのはなかなか楽しいものだ。

オーストラリア人のサム・ミッチェルさん(本名:サミュエル・ジェームズ・ミッチェル)は、フェイスブックで自分と同じ名前のイギリス人男性を見つけ、思わず友達申請をしてしまったそうだ。

彼の思い付きが生んだ友情が、海外掲示板のimgurに投稿され、注目を集めている。

さらに偶然が重なる

オーストラリア人のサム・ミッチェルさんは、友達申請直後にこんなメッセージを送っている。

A Tale of Two Sam Mitchell's/imgur

A Tale of Two Sam Mitchell’s/imgur

オーストラリア人のサム・ミッチェル「どうして僕が友達申請したか不思議だろうね。だって僕らは同姓同名なんだよ。ミドルネームまで一緒だ。よい一日を」

イギリス人のサム・ミッチェル「本当だね。さらに奇妙なことに、僕はイギリスからオーストラリアに引っ越してきたばかりなんだ」

実はロンドン出身だというイギリス人のサム・ミッチェルさんも、オーストラリアのメルボルンに住んでいたのだ!

休暇を利用して会うことに

オーストラリア人のサム・ミッチェルさんが住んでいるのは、本島ではなく、タスマニア州のセント・メリーズ。メルボルンから飛行機で1時間ほどの距離にある町だ。

ジェットスターの料金を見てみると、安い時期の航空券は1万円を切っている。

別々の国で生まれたサミュエル・ジェームズ・ミッチェルが、こんなに近いところに住んでいると知ったイギリス人のサム・ミッチェルさん。彼はある行動に出た。

A Tale of Two Sam Mitchell's/imgur

A Tale of Two Sam Mitchell’s/imgur

飛行機に乗り、オーストラリア人のサム・ミッチェルさんに会いに行くことにしたのだ。

▼初めて顔を合わせたふたり

A Tale of Two Sam Mitchell's/imgur

A Tale of Two Sam Mitchell’s/imgur

気の合う?ふたり

姓名判断というものがあるだけに、同じ名前というだけで通じ合うものがあるのかもしれない。

ふたりは初対面とは思えない1日を過ごすこととなる。

▼バケツで競争

A Tale of Two Sam Mitchell's/imgur

A Tale of Two Sam Mitchell’s/imgur

▼見た目よりも辛いようだ

A Tale of Two Sam Mitchell's/imgur

A Tale of Two Sam Mitchell’s/imgur

ちなみに「勝者はサム・ミッチェル」と報告されている。

▼お酒を飲む

A Tale of Two Sam Mitchell's/imgur

A Tale of Two Sam Mitchell’s/imgur

はずれの味が入ったルーレット形式のお菓子を食べ、どちらのサム・ミッチェルさんもはずれを引いたそうだ。

▼「このゲームに勝者はいない」

A Tale of Two Sam Mitchell's/imgur

A Tale of Two Sam Mitchell’s/imgur

A Tale of Two Sam Mitchell's/imgur

A Tale of Two Sam Mitchell’s/imgur

年越しも一緒に

ふたりのサム・ミッチェルさんが出会ったのは、大晦日。ふたりは弟や友人たちと一緒に、年越しを楽しんだようだ。

▼身だしなみを整えてお出かけ

A Tale of Two Sam Mitchell's/imgur

A Tale of Two Sam Mitchell’s/imgur

▼年越しの瞬間はなぜか濃厚なキス

A Tale of Two Sam Mitchell's/imgur

A Tale of Two Sam Mitchell’s/imgur

そして別れの時

楽しい時間もあっという間に過ぎ、別れの時がやってきた。

A Tale of Two Sam Mitchell's/imgur

A Tale of Two Sam Mitchell’s/imgur

imgurの投稿は、上記の写真と「全然知らない人との奇妙でステキな週末が終わり、サム・ミッチェルと最後のハグ」というコメントで締めくくられている。

1週間で15万回以上閲覧される

おバカで楽しそうな休暇の様子は、1月5日に投稿されると1週間で15万回以上閲覧された。

また、Twitter上では「頭がおかしくて輝かしい」「すてきだ」などの反応のほか、「とってもオーストラリア」「オーストラリアでしかありえない」「オーストラリア大好き」など、お国柄に納得する声があがっている。