ライアン・マーフィー

写真拡大

『Glee/グリー』を筆頭に人気シリーズを続々と生み出しているヒットメーカー、ライアン・マーフィーとブラッド・ファルチャックが手掛ける『アメリカン・ホラー・ストーリー(以下、アメホラ)』が更に2シーズン更新されることが明らかになった。

米Entertainment Tonightらによると、2016年10月にシーズン7の製作が決まったばかりの同作は、今回の更新により合計でシーズン9までとなった。シーズン9の放送は2019年を予定しているとのこと。米FX Networks のCEOであるジョン・ランドグラフ曰く、「6年前、『アメホラ』は視聴者をあっと言わせた。マーフィーとファルチャックと製作チームは、今後も画期的な作品を生み出し続けてくれるだろう」と述べている。

また、シーズン7は、現代に舞台を戻すことになり、『怪奇劇場』のキャラクターも再度登場させるそうだ。気になるキャストだが、シーズン1から出演しているサラ・ポールソンとエヴァン・ピーターズの続投が正式に発表された。二人以外のキャストは未定だが、「シーズン8や9がどうなるのか現時点では全くわからない。ただ、ライアンたちが何かすごく革新的なアイデアを持っていると確信し、彼らを信頼した上で追加でもう2シーズン更新したんだよ」と、ランドグラフは語っている。シーズン5にあたる『ホテル』には、レディー・ガガも俳優として出演。2016年ゴールデン・グローブ賞では女優賞を獲得している。

シーズン9までの予定だと、FXにとって同局内で最も長く続いた番組という記録も生み出すことになる。(海外ドラマNAVI)