そこで無表情?男子が「彼女に笑顔でいてほしい瞬間」

写真拡大



笑顔っていいですよね。幸せの感情をもっともストレートに、もっとも強く伝えられる表情です。特に好きな人の笑顔は、それだけでこっちまで幸せな気持ちになっちゃうぐらい素敵。

男子も、やっぱり彼女にはたくさん笑顔でいてほしいって願っているわけですが、とくに彼女の笑顔をみたい瞬間について今回は紹介をしていきたいと思います。20代男子30人に協力してもらいました。肝心なところで無表情じゃ、いけませんよー。

■1.待ち合わせ

「『おはよー』って会ったときには、やっぱり笑顔がいいなぁ。今日のデートも、いっぱい楽しませるぞ!ってやる気も出るし、何よりかわいいんで」(大学生/22歳)

デートはまず最初が肝心。登場シーンでむっつりなヒロインなんて全然かわいくありませんからね。遅刻したって、とにかく笑顔でいけばなんとかなる!

■2.頑張って笑わせようとしてるとき

「自分としては、やっぱり彼女を笑わせるのも彼氏としての大事な役目って思ってるんで、自分のトークで笑ってくれないと、ちょっときついよね。自分に自信がなくなる」(営業/24歳)

えてして男子は、彼女の前では常にエンターテイナーでありたいと思っているものです。「笑わせようとしてくれてるんだ……」と素早く察して、ニコっと笑ってあげてください。逆に、愛想笑いもできないレベルの激寒イルクーツク男子の場合には、そもそも付き合っていいレベルじゃないと思います。笑いのツボがあまりにもズレてるとなると、付き合っていてもなかなかかみ合いませんからね。

■3.仲直り

「ケンカとかして、ようやく仲直りってタイミングで彼女がまだ笑顔を見せてくれないと『絶対にまだ不満があるやろ……』って思ってこっちも不安が残る。まだ言いたいことがあるなら、きちんと言ってほしいなと」(教員/26歳)

仲直りするならするで、ちゃんとそれなりの態度を示さないと、中途半端なわだかまりと微妙な違和感が残ったままになってしまいますね。まだ心の底からはカレを許しきれてないってときに仲直りしてあげることもあると思うけど、そういうときには努めて大人に、笑顔で握手です。

■4.サヨナラの瞬間

「元カノのことを引きずっている原因は、あっちから振ってきたくせに、別れ際になんか寂しそうな顔でいたこと。振るなら振るで、もう一切俺に対しては未練がないような晴れ切った表情でいてくれないと、こっちも前を向けないよね」(ウェブ系/25歳)カレのことが完全に嫌いになったわけじゃないけれども、このまま一緒にいるのはよくないって思って別れを決断することってあると思います。そういうときには、とにかく心を鬼にしないとダメですね。義理笑いでもいいので、笑顔で振ってあげないと振られた方も「まだ吹っ切れてないのかな……?」とかいろいろ勘ぐっちゃいますので。

■おわりに

どうでしたか?男子は彼女の笑顔のために頑張って生きてるっていっても過言じゃないと思います。どんなにペラく見える男子でも、彼女の幸せをそれなりには考えているものなんですよー。それに応えるには、笑顔を見せてあげるだけでいいんです。普段のカレの頑張りに敬意を表して、ちょっとでもたくさんの笑顔を与えてあげてくださいね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)(小南光司/モデル)(泉三郎/カメラマン)