「基本的に“セックスが面倒”と思う男性は運動不足。日頃から身体を動かしていないぶん、体も気持ちも重くなるんです」
 こう語るのは、元AV女優で、スポーツジムのインストラクター経験もある竹下ななさんだ。

 運動不足がセックスを億劫にさせる――。心当たりのある読者諸兄も多いのではないだろうか。逆に、普段から身体を動かしている男性は、セックスをさほど面倒に感じないのも事実だ。
 「ジョギングやスイミング、筋トレのしんどさに比べれば、セックスで使う体力なんて微々たるもの。また、運動をすることで男性ホルモンの分泌も盛んになり、面倒どころか性欲が旺盛になるんです」

 やはり“死ぬまで現役”を続けるには、運動が必須。しかし、長年何もしてこなかった身体で「今日からさっそくジョギングを始めよう」という気力は生まれない。
 「なぜヤル気が起こらないのか。それはおそらく、身体が凝り過ぎているからです。特に背中が凝っている方にこの傾向は多い。背中が固いと、すべての運動が“だるく”感じやすいんです」

 実はコレ、セックスでも同じ。普段から背中が凝っている男性はセックスでも“だるさ”を覚えるという。
 「特に挿入後のピストン運動がしんどいんです。ピストン運動では腰を動かしますが、連動して背中のしなりも大事。背中の柔らかい男性は、腰運動のとき背中も上手に使えるので、ピストン運動がやりやすいんです」

 逆に、背中が凝っている人は腰だけの力でピストンするためバテやすい=疲れた、だるいといった気持ちになるのだ。
 「つまり、セックスが面倒な男性は、背中のストレッチを心掛ければいいんです。背中の柔軟性が上がれば、セックス時のピストン運動はもちろん、すべての運動のパフォーマンスも上昇する。何より身体のだるさがとれるので、運動する気力も生まれやすいのです」

 むろん、ストレッチも面倒という人も多いはず。そこで竹下さんがオススメするのは“バランスボール”を使ったエクササイズだ。
 「背中の筋肉をほぐすには何より、背中を伸ばすことが大事です。それにはやはり、ブリッジが一番なのですが、年齢とともに自力でするのは厳しくなりますよね」

 しかし、バランスボールに背中を乗せる形で、背中を反らすのは難しくない。
 「無理に伸びる必要はありません。自分がちょうど気持ちイイ程度まで背中を反らすのです。そして可能なら、その状態で腰を軽く上下左右に揺すってください。小刻みな動きを加えることで、背中のストレッチが非常に効くんです」

 バランスボールを購入する必要はあるが、自宅に一つあれば背中の凝りが手軽に取れて、セックスのピストンもスムーズになる。
 「それ以外にも、テレビを見るときの椅子替わりにバランスボールに座るだけでもOK。体幹が鍛えられるので、姿勢がよくなります。さらに座った状態で両脚を開き気味にすれば、股関節のストレッチにもなり、血行がよくなります。その結果、勃起力も上がります」

 まずは背中の凝りを解消!

竹下なな
精力料理研究家。元AV女優であり、現在はヨガインストラクターとして活躍。大の料理好きでもあり、精力アップのための食材を使った簡単料理を日々、研究している。近著に『セックスが危ない!』(三和出版)。