KDDI、au向けモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」を発表!WiMAX 2+の4x4 MIMOとCAに両対応し、下り最大440Mbpsが全国エリアで利用可能へ

au向け新モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」が2月中旬に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、今春以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Spring」を都内にて開催し、下り最大440Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04(型番:HWD35)」(Huawei Technologies製)を発表しています。

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)が構築する高速通信サービス「WiMAX 2+」において4x4 MIMOとキャリアアグリゲーション(CA)の両方に対応することで下り最大440Mbpsに対応するほか、4GのFDD-LTE方式や3GのW-CDMA方式にも対応しています。

なお、すでに紹介したようにUQでは、合わせて下り最大440Mbps対応エリアを東名阪中心から2月より全国展開し、2017年4月末までに全国の主要都市で利用できるようになる予定だとお知らせしています。

最大440Mbps対応製品としては「Speed Wi-Fi NEXT WX03」に続き、前機種の「Speed Wi-Fi NEXT W03」はWiMAX 2+とFDD-LTEのCAによる下り最大370Mbpsに対応していました。

発売時期は2017年2月中旬を予定し、事前予約受付は後日実施される見込み。価格(税込)は本体価格28,080円(分割1,170円/月×24回)で2年契約なら実質負担額0円になるということです。なお、現時点ではUQから発売されるという案内は出ていません。

02

Speed Wi-Fi NEXT W04は、バランスの良いサイズで下り最大440Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーターです。サイズは約130×53×14.2mm、質量は約140g、本体色はグリーンおよびホワイトの2色展開。

表面にはタッチ操作に対応した約2.4インチQVGA(240×320ドット)TFT液晶を搭載し、設定や電池残量などの確認が可能。裏面には2750mAhのバッテリーを搭載。上り最大速度はCAと変調方式「64QAM」によるに対応した30Mbpsに。

用途に応じて通信パフォーマンスを3段階「ハイパフォーマンス」「ノーマル(初期設定時)」「バッテリーセーブ」から選択可能。また通信網別にWiMAX 2+のみの「ハイパスピードモード(初期設定時)」とFDD-LTEも使う「ハイスピードプラスエリアモード」を用意。

Speed Wi-Fi NEXT W03と同様にWiMAX 2+とFDD-LTEの3波のCA(3CC CA)にも対応し、下り最大370Mbpsでも利用可能。auのプラチナバンド(800MHz)の4G LTEにも対応し、広いエリアで高速通信を利用できます。SIMカードサイズはmicroSIMカード(3FF)の「au Micro IC Card(LTE)」。

03

連続待受時間はWiMAX 2+のクイックアクセスモードOFF時で約850時間、連続通信時間はWiMAX 2+のノーマル時で約540分、充電時間は約120分(別売の「TypeC共通ACアダプタ01」使用時)。無線LAN(Wi-Fi)はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5.xGHz対応)。テザリングはWi-Fiで最大10台、Bluetooth 4.1で最大3台まで。かんたん接続はWPSおよびQRコード、NFCに対応。

本体側面に充電など用のUSB Type-C端子(USB 3.0)を搭載。USB Type-Cケーブルが試供品として付属。対応OSはWindows Vista・7・8・8.1・10およびMac OS 10.6、10.7、10.8、10.9、10.10、10.11、10.12(ともに日本語版・英語版)。また別売でクレードルも用意されており、クレードルには有線LAN端子も搭載されています。

04




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
受信最大440Mbpsの高速通信が全国で使える「Speed Wi-Fi NEXT」が新登場! | 2017年 | KDDI株式会社
Speed Wi-Fi NEXT W04(スピードワイファイネクスト ダブルゼロヨン) | データ通信端末 | au
Huawei - Speed Wi-Fi NEXT W04_au - モバイルブロードバンド - 機能