ゲロォォォォッ!! 鳥肌が立つほど「気持ち悪かったキス」5パターン

写真拡大

キスの思い出はどんなものでもロマンティックなもの……だったらいいのですが、現実はそうとは限りません。長く生きていれば、最悪なキスを経験したこともあるでしょう。では、実際に、鳥肌が立つくらい気持ち悪いキスをした経験がある女性たちに、実体験を語ってもらいましょう。

■唇が……

・「ネロネロネバネバ納豆みたいに唾が引くような感じ。オエッと思った。気持ち悪い。フレッシュさ求む」(34歳/その他/その他)

唇が唾液でベトベトになってしまうようなキスは、たとえ相手がどんなに好きな人であったとしても、いい気分はしないでしょう。そのキスひとつで、嫌いになってしまうかも……。

■口の中に……

・「自分の口の中に相手の唾が入ってきたときは、気持ち悪いと思った」(30歳/その他/その他)

・「よだれを入れられたこと。生理的に嫌いになった」(32歳/医療・福祉/専門職)

唇をベトベトにされるだけではなく、口の中に唾液が入ってきたらと想像して、ぞっとした人もいるはずです。そういうことをしたがる男性の内面にも生理的な嫌悪感を抱きそう。

■ニオイが……!

・「口臭がきつかった」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「鼻息がずっと当たっていて、くさかったとき」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

顔同士が近くなるわけですから、当然、相手のニオイも気になってしまうことでしょう。少しくらいなら耐えられますが、あまりにくさいと唇を近づけるのも嫌になりそうです。

■好きでもない人と……

・「新歓コンパ的なやつで王様ゲームで仕方なく」(33歳/その他/その他)

・「無理やり好きでもない人にされそうになったキス」(25歳/学校・教育関連/専門職)

ふざけてでも、強引にでも、好きでもない人とのキスなんて、幸せな気持ちになれるわけがありません。たとえ罰ゲームであったとしても、それだけは遠慮したいですね……。

■人の目があるところで……

・「駅のホームでの別れ際のキス。ドラマの見すぎ」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「人前でキス。恥ずかしいしすごくイヤだった」(29歳/情報・IT/技術職)

彼のほうとしては、したくてしたくて、どうしようもなかった結果なのかもしれませんが、付き合わされた側はいい迷惑です。キスにもTPOはあります。

■まとめ

好きな人とのキスであったとしても、条件が最悪だったら、うれしいキスにはなりません。シチュエーションなどのコンディションがすべて完璧な状態で、初めて、忘れられないステキなキスになるのです。男性たちにはその点をよく理解してもらって、キスに臨んでほしいですね……。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月22日〜2016年12月23日
調査人数:358人(22〜34歳の働く女性)