任天堂は2017年1月13日に最新家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の発表会を実施しました。発表会が終わった会場では、お披露目されたばかりのNintendo Switchや周辺機器が展示されていたので、写真でまとめてみました。

Nintendo Switch|Nintendo

https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/index.html

Nintendo Switchは、グレーのJoy-Conが入ったモデルと、ネオンレッドとネオンブルーのJoy-Conがひとつずつ入ったモデルの合計2つが販売される予定。価格は、どちらのモデルでも税別2万9000円です。なお、Nintendo Switchに同梱されるのは、Nintendo Switch本体・Joy-Con(L)/(R)・Joy-Conストラップ×2・Joy-Conグリップ・Nintendo Switch ドック・HDMIケーブル・専用ACアダプターとなっています。



グレーのJoy-Conが入ったモデル



Nintendo Switch本体が差し込まれたドックとJoy-Conグリップを装着したJoy-Con。この状態だと、テレビに映像を出力してゲームをプレイします。



Nintendo Switch本体をドックから外してJoy-Conを装着させれば、外出先でもゲームをプレイ可能です。なお、Nintendo Switch本体のディスプレイは6.2インチの静電容量方式タッチスクリーンを採用し、電源ボタン・音量ボタン・ゲームカードスロット・ヘッドホンマイク端子・スピーカー・明るさセンサーを搭載。背面にはUSB Type-CポートとmicroSDカードスロット、スタンドが付いています。



Joy-Conを外してNintendo Switch本体のスタンドを建てれば、Nintendo Switchをディスプレイ代わりにしてゲームをプレイできます。また、Joy-Conを誰かとシェアして対戦や協力プレイも外出先でできるようになります。



ネオンレッドとネオンブルーのJoy-Conがひとつずつ入ったモデル。





Nintendo SwitchにJoy-Conを装着。



Joy-Conを取り外すとこうなります。



Joy-ConはNintendo Switchに同梱されていますが、それとは別に購入することが可能。「Joy-Con(L)」と「Joy-Con(R)」に「Joy-Conストラップ(ブラック)×2」が付いたセットは税別7480円。



これはJoy-Conストラップ。グレー・ネオンレッド・ネオンブルーの3色展開で、各税別580円。



「Joy-Con充電グリップ」は、Joy-Conを装着させてグリップ型のコントローラーとして使用可能な周辺機器。USB充電ケーブルを接続可能なので、プレイ中に充電することが可能です。



これはNintendo Switch本体やドックに接続する「Nintendo Switch ACアダプター」。価格は税別2980円です。



「Nintendo Switch Proコントローラー」は同梱されていない周辺機器。ワイヤレスで持ちやすいグリップ型を採用しています。価格は税別6980円。



Joy-Conをはめ込んで使用する「Joy-Conハンドル」。レースゲームなどを楽しむのに最適で、価格は税別1480円です。



このほかにもドックとNintendo Switch ACアダプター、HDMIケーブルがセットになった「Nintendo Switchドックセット」も税別8980円で発売予定。1月23日にはNintendo Switch関連の周辺機器を扱うマイニンテンドーストアがオープン予定です。