東京オートサロン2017の横浜ゴムブースではなんとも懐かしいタイヤを発見!この独特のトレッドパターンは……ADVAN HF Type Dじゃないですか!!

1

ADVAN HF Type Dは、1981年に発売されたストリートラジアルタイヤ。スリックタイヤのように接地面積を増やすべく、片側にはほとんど溝のない、それまでの概念を覆す左右非対称パターンで一世を風靡したタイヤです。当時僕はまだ小学生でしたが、自動車雑誌で見てとてもあこがれたのを覚えています。なんとカッコいいタイヤなんだろう、って。

 

で、どうして四半世紀、いや35年も前に発売されたタイヤが2017年の東京オートサロンに展示されているのか? 実は、その復刻が決まったんです。ヒストリックカー用のタイヤとして。なんと粋なことをしてくれるんだ、横浜ゴムは。

会場に展示されていたタイヤのサイズは195/70R14ですが、市販に向けてサイズライナップを調整中とのこと。実際に会場でもアンケートが実施されていましたが、「需要のあるサイズ」から用意されることになるでしょうから、HF type Dを愛車に履きたいヒストリックカーユーザーはぜひリクエストしましょう!

(工藤貴宏)

【東京オートサロン2017】懐かしい!? ヨコハマゴムが「アドバンHF TYPE-D」の復刻を宣言!(http://clicccar.com/2017/01/13/435648/)