当然襲ってくる恥ずかしさ(写真と本文は関係ありません)

写真拡大

突然、我慢できないほどオシッコがしたくなり、トイレに間に合わずに漏らしてしまう「切迫性尿失禁」。40代以上の男女、特に女性に多い病気だが、恥ずかしさもあって専門医に相談しない人がほとんだ。

製薬大手のファイザーは2017年1月からテレビCMやインタネットで切迫性尿失禁の啓発活動を始めた。まず、女性が口に出しづらい切迫性尿失禁という病名を「UUI」(ユーユーアイ)と言い換えることから始めようと呼びかけている。

女優の西村知美さんが「恥ずかしがらないで」

ファイザーの1月6日付発表資料によると、「UUI」は切迫性尿失禁の英語の病名である「Urgency Urinary Incontinence」の頭文字だ。欧米では一般的に使われている。「勃起障害」を「ED」(イーディー)、「男性型脱毛症」(薄毛)を「AGA」(エージーエー)と言い換え、より口に出しやすくして専門医を受診させる動きが広がっているが、それと同じ目的を意図しているようだ。

2015年にテレビ番組で「尿漏れ」のつらい経験を告白して話題になった女優の西村知美さん(47)をキャラクターに起用、「UUI(ユーユーアイ)は、恥ずかしがらずに医師に相談してみませんか」と呼びかけるテレビCMを1月から3月まで全国に放映する。また、西村知美さんが専門医の横山修・福井大学医学部泌尿器科教授に聞く「先生教えて! UUI(切迫性尿失禁)相談室」の動画もウェブサイトで公開している。

ところで、切迫性尿失禁とはどんな病気なのか。ファイザーの発表資料によると、日本排尿機能学会が2003年に行なった調査では、40歳以上の男女で、切迫性尿失禁を週1回以上起こす人は全体の8.9%(男性7.3%、女性10.0%)で、1日1回以上起こす人は5.3%(男性4.5%、女性5.7%)だった。つまり、40歳以上の女性では、10人に1人が週1回以上経験しているのだ。

「尿失禁」にも4種類あり、原因と治療法が違う

切迫性尿失禁は、ほかの尿失禁に比べ、前触れもなく突然漏らしてしまう点で、とりわけ厄介な病気だ。日本泌尿器科学会のウェブサイト「尿失禁」をみると、尿失禁には大きく分けて次の4つの種類があり、それぞれ原因も治療法も異なるという(要約抜粋)。

(1)腹圧性尿失禁
急に立ち上がった時や重い荷物を持ち上げた時、せきやくしゃみをした時など、お腹に力が入った時に尿が漏れてしまう。女性の4割を超える2000万人以上が悩まされているといわれる。これは骨盤底筋群という尿道括約筋を含んだ筋肉が緩むために起こる。加齢や出産を契機に出現したりする。
治療法は、軽い場合、骨盤底筋体操で尿道周辺の外尿道括約筋や骨盤底筋群を強くすることで、かなりの改善が期待できる。それでも改善しない場合は、特殊なテープを尿道の下に通してサポートする手術を行う。

(2)切迫性尿失禁
急に尿がしたくなり(尿意切迫感)、我慢できずに漏れてしまう。トイレに駆け込むようなことが起こるので、外出時には大変に困る。本来は脳からの指令で排尿はコントロールされるが、脳卒中による脳血管障害や事故による脊髄損傷でコントロールがうまくいかないなど原因が明らかな場合もある。
しかし、特に原因がないのに膀胱(ぼうこう)が勝手に収縮して、漏らしてしまうケースが大半を占める。はっきりしたメカニズムはわかっていないが、膀胱に尿がたまっていなくても排尿感に襲われ、何回もトイレに行きたくなる(=頻尿)。これを過活動膀胱と呼び、中高年男女に非常に多い。40歳以上の男女の8人に1人、合計800万人いるといわれる。
過活動膀胱の治療には、膀胱の収縮を抑える抗コリン薬やβ3(ベータスリー)受容体作動薬が用いられる。

(3)溢流性(いつりゅうせい)尿失禁
自分で尿を出したいのに出せない、しかし尿が少しずつ出てしまう。尿が出にくくなる排尿障害が必ず前提にあり、その代表的な病気が前立腺肥大症なので、男性に多い。この尿失禁の治療には、前提となる病気の治療が必要だ。

(4)機能性尿失禁
排尿機能は正常なのに、身体運動機能の低下や認知症が原因で起こる。例えば、歩行障害のためにトイレまで間に合わずに漏らしてしまう、あるいは認知症のためにトイレで排尿できない、といったケースだ。治療は、介護や生活環境の見直しを含め、全般的に取り組んでいく必要がある。

ひどくなると、うつ病や引きこもりになる人も

こうしてみると、「オシッコを漏らす」恥ずかしさにも様々な原因と治療法があることわかる。もっとも一般的な腹圧性尿失禁は漏れる尿の量が少ないので、前もって薄目のパッドを当てるなどで対応できる。しかし、切迫性尿失禁は、突然大量に漏らすため羞恥心と自責の念が非常に強くなる。ひどくなると、うつ病や引きこもりになる例も珍しくないという。しかし、治療薬があることを知らずに専門医を受診する人が少ないのが現状だ。先の日本排尿機能学会の調査では、「過活動膀胱」の症状があるのに、専門医を受診した女性はわずか7.7%しかいなかった。

日本泌尿器科学会もウェブサイトで、「悩んでいる方は大変に多いのですが、恥ずかしいので我慢している方がほとんどです。尿失禁の状態や原因に応じてきちんとした治療法がありますので、我慢せずに泌尿器科を受診しましょう」と呼びかけている。