薬は処方箋を患者の自宅に配送(shutterstock.com)

写真拡大

 「5大疾病」のひとつとされ、もはや誰でもかかりうる病気となった精神疾患。その治療は長い期間にわたることが多いため、通院には負担がかかるのが常だった――。

 そんな精神科の診療をオンラインで行なうことを可能にし、利便性を高めたのが、2016年1月に開院した新六本木クリニック。画期的なビデオ診療の詳細について、院長の来田誠医師に聞いた。

あくまで「オンライン診療」はひとつの選択肢

――新六本木クリニックでは、診察のうち何割が<オンライン>なのですか?

 月によっても変動はありますが、再診患者さんのうち実際に来院された方への対面診療が6割、オンラインは4割程度です。

 誤解しないでいただきたいのは、あくまで<オンライン診療>は当院の診察の一形態であって、すべてをオンラインですまそうとしているわけではありません。厚生労働省の通達にも「初診および急性期は対面で診察すること」とあり、当院もそれに従っています。

――初診は対面して行なうことになるわけですね。

 そうです。ただし、診察ではなく「医療相談」として、まず、オンラインでの面談を行うケースもあります。そして、「実際に診察を受けたい」となったら、一度来院していただき、オンラインでの診察が可能なのかも含めて話を伺う――という流れになります。

――どのようにしてオンライン診療に移行するのですか?

 最初は通常の対面診療を行い、その過程で病状をみながら、「以降はオンライン診療でも構わないですよ」という案内をしています。患者さんが「やはり対面がいい」と判断されれば通院での診療を、オンラインを希望されれば、次回はオンライン診療を予約されることになります。

 予約は電話でも受け付けていますが、オンライン診療を希望する患者さんの場合、ネット上での予約システムを使っていただく形になります。
アプリのダウンロードでスマホ診療が可能

――オンライン診療のシステムを教えてください。

 医療システムの提供をしているメドレー社が開発した「CLINICS」というオンライン通院システムを使っています。

 ブラウザで管理をしているので、パソコンからであれば特別なソフトをインストールする必要もありません。患者さん側はアプリをダウンロードすれば、スマホでも診療を受けることが可能です。

 初めてこのシステムを使う時には、クレジットカードの情報を登録してもらい、それがIDと関連づけられるようになっています。この登録によって診療の予約、ビデオ通信が可能になります。オンライン診療はクレジットカードでの支払いとなります。

 また、予約の際には問診票を入力していただきます。きちんと服薬ができているか、何か変わったことはあったか、伝えたいことはあるかなどの質問事項に入力することで、医師側も事前に状況を把握した上でスムーズに診察を始めることができます。

――具体的にはどのような方法で診察を?

 オンライン診療は、セキュリティで保護されたビデオ通信を使って行います。医師と患者はお互いの顔を見ながら診察をすることができます。薬に関しては、院外処方箋を患者さんの自宅に配送し、それを最寄りの薬局に持っていっていただく形になっています。

――モニターを通じてだと、患者さんの調子やニュアンスが十分に伝わらないという欠点はありませんか?

 それはあまり感じていません。しいて言えば、首から下が映らないことが多いので全身の様子は分かりにくい。また、待合室での様子を垣間見ることはできません。

 ですが、初診を含め、実際に数度お会いしており、すでに病状を把握している上で安定している患者さんへのフォローアップならば、支障がないケースも多いと考えています。
(取材・文=里中高志/精神保健福祉士、フリージャーナリスト)

来田誠(きただ まこと)
1980年生まれ。京都大学医学部卒業。大阪赤十字病院での初期研修を経て、医療法人養心会 国分病院に勤務。2010年より大和西大寺きょうこころのクリニック院長。2016年1月に新六本木クリニックを開設。専門は産業精神保健で、現在診療と並行し上場企業等7社の産業医を受託し、職場のメンタルヘルス改善に取り組んでいる。(資格)精神保健指定医、日本精神神経学会認定精神科専門医、産業医、(所属学会)日本精神神経学会、日本産業精神保健学会、日本遠隔医療学会。