気が付けばすっかり「ボディカラーは赤」のイメージを持った自動車メーカーになりましたね、マツダ。

そんなマツダが東京オートサロン2017の会場で、2017年最初の新型車を発表しました。それは限定発売される「赤いロードスター」。

1

「いやいや、赤いNDロードスターなんて普通に売っていて街を走っているし」と思ったかもしれませんが、そうじゃないんです。

NDロードスターに用意されいる通常の赤は「ソウルレッドプレミアムメタリック」。ですが、限定発売されるロードスターは「クラシックレッド」と、赤は赤でも違うんですよ。ソウルレッドに比べるとソリッドで、真紅といった感じでしょうか。

 

実はこの「クラシックレッド」は、初代ロードスターのメインカラーとして設定されていた赤を再現した色。ロードスターの歴史を支えたカラーとして、本来は設定のないNDロードスターにも限定車として発売することになったのでした。

予約受注は本日より2月28日までの期間限定。価格は車両本体+特別塗装色として3万2400円(税込)です。ファンにはたまらないコレクターズアイテムになること間違いなしですね。

(工藤貴宏)

【東京オートサロン2017】赤だけど「ソウルレッドじゃない」新型ロードスターを限定発売!(http://clicccar.com/2017/01/13/435603/)