『銀魂』 (C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP

写真拡大

2016年のエンタメ業界もさまざまなドラマや映画が注目され、バラエティに富んだ1年となった。今年はそれを上回る話題を期待したいところだが、まずは昨年のHulu年間ランキングをチェック! 多くの人の心を掴んだ作品の傾向を探っていきたいと思う。

栄えある年間トップに輝いたのは、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない』シリーズ(※)。斎藤工の絶叫ネタへの反響もいまだ冷めやらずといった感じもあるが、さすがに10年以上続いているシリーズだけあって、他にその実力を見せつける形となった。2位には爆発的なヒットで中毒者が続出している海外ドラマ『ウォーキング・デッド』、そして3位には人気バラエティの『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』という順当な結果となった。(※2016年度版は1/15までの限定配信)

斎藤工の絶叫ネタも話題沸騰! 不動の強さ見せる高視聴率番組が急激追い上げ

年間の総合ランキングの上位20位以内を見渡すと、映画サイト的に注目したいのが、実写映画が7月に公開予定の『銀魂』。原作は下ネタギャグも満載の累計5000万部を超える大ヒットコミックだが、映画ではそれをどこまで映像化できるのかに大きな注目が集まっている。実写化が発表されて以降、ツイッターでもさまざまなハッシュタグでファンたちが盛り上がっているようだ。

さらに、今回は主演の小栗旬をはじめ、菅田将暉や橋本環奈などの豪華キャスト陣が集結しており、2017年の邦画界を盛り上げることになるだろう。7月に向けて、今後ますますアニメ作品の閲覧数も増加することが見込まれている。

はたして、酉年の2017年はどんな作品が大きく羽ばたくことになるのか、楽しみも膨らむところだ。(文:志村昌美/ライター)

【Hulu 2016年間ランキング/TVシリーズ総合】
1位『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけないシリーズ』
2位『ウォーキング・デッド』
3位『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』
4位『おそ松さん』
5位『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』
6位『ゲーム・オブ・スローンズ』
7位『デスノート NEW GENERATION』
8位『名探偵コナン』
9位『マツコ会議』
10位『THE LAST COP/ラストコップ』
11位『そして、誰もいなくなった』
12位『ゆとりですがなにか』
13位『家売るオンナ』
14位『エンタの神様』
15位『臨床犯罪学者 火村英生の推理』
16位『世界一難しい恋』
17位『銀魂』
18位『HiGH & LOW』
19位『怪盗 山猫』
20位『有吉反省会』